2018年03月11日

バンドをやる、ということ〜「BLUE GIANT SUPREME」再考察

 たいへんお久しぶりです。いやー、ものすげえ具合悪かったんですよ。最初に熱が出たのが先々週の土曜日で、それから一昨日くらいにやっと晴れた!って感じになったから、ほぼ二週間熱があったことになる。とーぜん、インフルエンザを疑い、なんと三回も検査するも陰性…さらに俺はビールの味で自身の体調を査定するんだが、もう、ほんとゴムのような味で。そんなとき飲むな、って話もあるが(笑)
 その間、仕事は佳境だわ、まーいろいろあるわで、勿論バンドの練習もあったりするわけで、相棒に「根本的に心臓でもやられてるんじゃないか」と言われるわ、まーその相棒もギター演奏中に指が攣るところか腕が攣ったりしてるわけで(爆)まー高齢のバンドマン、ってのはこーいうもんです(^_^;)

 さて、具合悪いとまー寝付くわけで、そうすると漫画ばっか読んでて。表題の「BLUE GIANT SUPREME」の四巻が出て、やっと主人公のカルテットが揃う。欧州編になってから、ちょっとイマイチくんだなあ、と思ってたけど、カルテットがひとりずつ揃い、というか、主人公の磁力に惹かれるように明らかに曲者?のバンドマンが一人ずつ、その背景も丹念に書き込まれて「やってくる」のだ。
 小柄な女性ながら、骨太な前にでるリズムを弾き出す、ドイツ人ベーシストのハンナ・ペータース。クラシックあがりで、繊細な音を紡ぎだすのに、物凄く性格が悪く(!)短気で、気に入らないと演奏中に相手に水をぶっかけて帰ってしまう、ポーランド人ピアニストのブルーノ・カミンスキー。大変な技巧を持ち、年間500以上のライブセッションをこなし、しかし、流動的にメンバーを替えて「上がって」いくのがジャズマンである、との信条から決まったバンドを組まないフランス人ドラマーのラファエル・ボヌー。

 この四人がバンドを組む。国籍も、性別も、そして性格も心情も音楽性も、はっきりいってめちゃくちゃだ。しかし、お互いがお互いを認め合う。「絶対バンドを組まない」はずのラファエルが、一度は断るものの、加入を決めたのは「月が綺麗だったから」だ。なんなんだ、と思われるかもしれないが、いいバンドを組むと、いい演奏ができると、はっきり言って風景が変わる。だから、これはとてもうなずける理由だ。

 ここまで書いてて、あれ?なんか俺これ一回書いてないか?と気づく。

http://jasonk.seesaa.net/article/454823418.html

…書いてた(爆)

 まあ、いいのだ。書きたいことを書くのだ(^_^;)
 週刊連載の最新号では、彼らの初ライブは「大」惨敗に終わる。お互いの思いも技巧も空回りし、客席の三分の二が途中で帰る、という…
 これもあることだ。毎回毎回100%のライブはできない。しかし、お客さんの前に立つ以上は100以上を見せなければならない。だから俺は教え子には「200%になるまで練習しろ」と言ってきた。安生洋二だ(笑)

 俺のバンドのギタリストは、なぜこのバンドでギターを弾くのか、というインタビューに答え「こいつが愉しそうに歌ってるのをみるのが好きなんだ」と言った。これとほぼ同じことを、RC時代のチャボが言っている。
 俺のバンドのベーシストは「一生ついていきたいとは思わない。もっとちゃんとやれよ、と思うことも多い。でも、この男の後ろでベースを弾きたいとは思う。この男の歌を、詩を、支えたいと思う」と書いた。

 …もう言葉もない。こういうメンバーで歌えることが、至上なのだ。やるしかない。

 「BLUE GIANT SUPREME」は、最新作のラストシーンで、ワイルド7のヘボピーみたいな?男が登場し、バンドに的確な助言を与え、バンドのツアードライバーを買って出る。彼は、ハンブルグで主人公を応援した、楽器店の主人ボルツの甥の、ガブリエル。なんと、ヘビィメタル・ギタリストだ。彼は言う。

 「俺は今だって、ジャズよりメタルだよ。でも、ジャズも、ロックも、メタルも関係ねえ。大事なのは「愛」だ。俺は、このバンドに「愛」を運んできたんだ。だから、ケミストリーが生まれるのさ。わかるか?え?わからねえ?」(^_^;)

 さて、次のステージ、どんなケミストリーを生み出せるかな。

IMG_6472.jpgIMG_6473.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.3.18(日)
蒲田オッタンタ
池タコライブ56
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン、池タコライブに久々登場!

A2018.3.25(日)
横濱野毛サムズバー
ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜
・第一部 15歳!の「天才」ピアニスト、HIBIKI登場!いろんな曲弾いて貰って歌います!
・第二部 新・新生HIRYUいよいよ登場!スーパー・キーボード・プレイヤーYAMAKO、正式参戦!

・事情により告知が遅れましたことをお詫び申し上げます。でも、内容は濃いです(^_^;)フレディ飯田もでます。お待ちしております。

B2018.4.2(月)
横浜・あいの木きょうしん
ジェイソン國分スペシャル歌謡ショウ!

C2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
登場形態未定

D2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

F2018.5.27(日)
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

<お知らせ>
本日3/11に予定しておりました黄金町・はつこひ広場でのマサ中山との共演ライブですが、マサ中山との協議のうえ、出演を見送ることになりました。私だけでなく、今回はマサ中山も出演いたしません。よろしくご理解のほどお願い申し上げます<(_ _)>
IMG_6480.jpg
posted by ジェイソン國分 at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

我が追憶の大仁田厚vs長州力 ついに後編〜ムタvsニタ編

※2/4の続きです。この「連載」はプロレスは浪漫である、という理念に基づき、ネット検索などに頼らず、私の脳内を駆け巡る映像を糧として綴っております。というわけで、細部について、ここは違う、あそこは違う、というご指摘はご遠慮ください。まー、誰が読んでんのかなあ、って気もするが(^_^;)

 大阪湾から登場したグレート・ニタは、大仁田厚以上の反則技で〔何が凄いって必殺技は「鎖鎌」〕新日を荒らしまくる。
 そこへ本家、グレート・ムタからメッセージが…「…ニタ。ユー・アー・フェイク。ゴー・トゥ・ヘル。」
 別人である(^_^;)武藤敬司と違い、ムタは、ボソボソと、しかし、ハッキリしたニューヨーク英語で喋るのだ!
 
 そして、ついに決定した一騎打ちの会場は…神宮球場!!野外だ!これは思いっきり大仁田得意の爆破マッチがやれる!沸き立つ大仁田信者。

 そしてニタの友人〔ややこしい(^_^;)〕大仁田厚の提案した試合形式は…
『ノーロープ有刺鉄線バリケードマット地雷電流爆破時限爆弾ダブルヘルデスマッチ』!あー書いてるだけで楽しい(^_^)大仁田が今までやってきた電流爆破マッチの形式が全て入っているのだ。

 そして当日。大仁田厚のテーマであるワイルド・シングの和風バージョンで登場したニタは、白装束に胸には「忍邪」の刺繍。ムタへのリスペクトが感じられる。

 さあ、ムタの登場!武藤敬司のテーマが津軽三味線で弾き出される「ホールド・アウト、ムタバージョン」!観客の期待を煽るだけ煽ったムタの出立ちは… 顔にはメカゴジラ風のマスク、そして肩には金属の龍!

「メカムタだー!電流爆破へのムタの構えは万全だー!」眞鍋アナの絶叫がこだまする。
だんだん書いてて俺でさえ馬鹿馬鹿しくなってくるこの試合(^_^;)しかし、屈指の名勝負となるのである。

 そう、異次元の大勝負、グレート・ムタ対グレート・ニタ!

 ニタは棺桶を引きずって登場、これにムタをノックアウトして叩き入れ、自分が忍邪としてホンモノになるという。
 かたや入場してきたムタはメカゴジラ風のオーバーマスクを取り〔電流爆破用の筈なんだけど(^◇^;)〕
隈取のペイントを施した顔で有刺鉄線を一瞥する。
 このときの武藤…じゃない、ムタの眼が、とにかく眼力、という感じで無茶苦茶カッコいい!いまの羽生くんの眼に匹敵する(^_^;)男は眼力である。

 さあゴング、いきなり鎖鎌で襲いかかり、ムタの額から流血させるニタ。額から流れる血を自ら手に取り、確認したムタは…必殺シャイニングウィザード!といっても当時この技には名前がついていなかった。武藤のときはシューティングスタープレス、とか飛び技を多用するけど、この所謂ヒザ蹴りは使ってなかったのだ。これがいま、膝を壊した武藤の必殺技になっているのだから面白い。

 シャイニングウィザードで吹っ飛ばされたニタは正面から有刺鉄線へ…轟音とともに爆破!最前列にいた俺に粉塵と爆弾の破片、それに火薬の匂い…う、嬉しい(^_^)

 そして起き上がってきたニタは…紅い毒霧!うずくまるムタにまた鎖鎌で襲いかかろうとするが…なんと踵を返したムタは翠の毒霧!!ここでまたシャイニングウィザード!ニタ二度目の爆破!

 毒霧の応酬という、この手のプロレスファンにはたまらない攻防を繰り広げた二人にも決着のときが訪れる。

 必殺のサンダーファイアーパワーボムも返され、もはや出す技がなくなった〔元々あんまり技がない(^。^)〕ニタはリングの鉄柱に設えられた、起爆スイッチを押してしまう。そう、リング下に設えられた時限爆弾の起爆スイッチなのだ!
 必死の形相で、ニタラリアット〔これまたあんまり効かない(^^)〕を叩き込み、下の地雷に落とそうとするニタだが、ムタはそれを正面から受け止め〔偉い!〕時限爆弾サイレンが神宮球場に響き渡るなか、必殺のスターライトシューティングプレスを華麗に決める。そのままハイキック、もんどりうってリング下に落ちるニタ!

…4,3,2,1…新日本の名物リングアナ、ケロちゃん〔繰り返すがカエルさん(弾き語り)ではない(^_^;)〕の場内を震撼させる素晴らしいカウント…
 ゼロ!神宮球場の夜空に響き渡る轟音…火花、粉塵…観ている俺の髪の毛が真っ白になったのを覚えている〔とても嬉しい(^_^)〕

 ピクリとも動かないニタ。それを見下ろし、勇壮に去るグレート・ムタ…

 追いかけるテレ朝の真鍋アナに「ニタ…イズ…ダイ…」と短く答え、「アイム、リアル、チャンピオン!」
大仁田の得意とする戦場で、大仁田ルールで、完勝したのだ。やはり天才・武藤…いや、ムタ!敵ながらカッコいいぞ!

 幟を立てて集まった大仁田信者は呆然。しかし、担がれて退場するニタに、泣きながら万雷の拍手を送る。

 そのとき、ニタは突如覚醒し、リングサイドに運びこまれていた棺桶に、自分で入る…うーん(^_^;)
棺桶がリングの花道を去るという異様な光景…しかし、大仁田信者は惜しみない拍手を送るのであった。



後日、テレビ中継を見た。このシーンのあと、恒例の大仁田劇場。

 棺桶の横でがっくりと肩を落とす大仁田厚。
「真鍋…ニタも死んじまった…もう、俺もここまでかもしれん…」

 いや、大仁田さん、あなたここにいるじゃないですか、と誰も突っ込まない(爆)それこそが大仁田劇場の劇場たる所以なのだ(^_^;)

 しかし、真鍋アナは「大仁田さん、これみてください!」と一通の書状を手渡す。
…それこそが、長州力の対戦受託!!

 書状をみて目を丸くする大仁田…ここからの映像は今もはっきり覚えている。

恒例、真鍋アナを振り回し、

「眞鍋!眞鍋!俺はやった!やったぞ!」

「大仁田さん!おめでとうございます!」

「俺が…この弱い俺が…ついにあの長州力と闘れるんじゃあ!」

「大仁田さん…」

「眞鍋…お前にも苦労をかけた…いつも引き摺り回してすまなかったな。背広もずいぶんダメになったろう…俺が背広を買ってやる。それを着て、俺と長州の試合を実況してくれるか!」

 号泣して頷く眞鍋アナウンサー(>人<;)

「お前より、お前より、実況が上手い、いや、立場が上のアナウンサーが何人もいるのは知っている。でも、でも、俺は、この一年間、俺に付き合ってくれた、お前に実況して欲しいんじゃあ!」

そして、師匠は忘れられない言葉を吐く。

「いまテレビを見ているいじめられっ子諸君!俺は約束しただろう!この、弱い、弱い、弱い俺が、あの長州力と闘えるんじゃ!」

「こんな俺の、俺の、夢も叶ったんじゃ!いま、嫌な思いをしているお前たちの夢も、きっと、きっと叶うぞ!」

「いじめられっ子諸君!この弱い俺にチカラをくれ!あの、強い、強い、強い奴等を、弱い、弱い、弱い俺たちで!一緒にノックアウトしてやろうじゃないか!!」

最高です、師匠!あ、また師匠と呼んでしまった(^_^;)

完結編、いよいよ長州戦に続く…といいなあ(爆)





posted by ジェイソン國分 at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

「富津のいちばん熱い日」2018へ向けて

 三連休某日、「富津のいちばん熱い日2017」の『東京打ち上げ』が実施された。え?今頃なんで?と思う方も多いであろう。もともと、内房線が単線になる青堀のさらに突端でやってるライブである。まー当日に明くる日考えない打ち上げはやるんであるが(^_^;)やはり遠方の出演者やスタッフが多かったりするんで、後日に「東京打ち上げ」をやるんである。

 でもって、この日にあの日の(ややこしいな)VTRを各バンドに配るのだ。そしてそのVTRを肴に打ちあがる(@古田新太)のである。昔はVHSビデオだったから、それを俺がバンドぶんダビングしてもってくわけで。これがまた○ビデオの宅配のようでかなり怪しく(笑)歌舞伎町でやったときは職務質問された(マジ)

 しかし、実はこの東京打ち上げ自体は五年ぶりである。逆にいえば五年間やらなかったのだ。いかに「昨年の富津」がよいものであったか、ということなのだ。
 そしてこの日の場所は…神田駅直近「音ステージ」。あの惜しまれつつ閉店した下北沢屋根裏のヤマダ店長が新たに開店したロック居酒屋。我々にとってはまさにホームタウンに里帰り、というわけで。

 そして、この日のVTRは…スガワラケイ先輩が独りで編集、ダビングをして、なんと各バンドの人数分プラスαを作って、豪華絢爛ブルーレイ&DVDのピクチャーディスクパック!にしてきていただいた。

コレ↓
resize14690.jpgresize14689.jpg
 
 と、ここまできたらもーやるしかない!「東京打ち上げ」も「東京打ち上げ史上」(なんのこっちゃ)最高人数!

 こっからは、まーヒトが吞んでるとこみるのもしょーがねーかなーとも思うのだが(^_^;)レアもんの組み合わせもあり、というか面白いんで(^_^)フォトアルバム風に。ちなみに撮影はとーぜん、「富津専属カメラマン」マドノタカユキ氏である(マドノ、サンクス)

まずはカンパイ!

resize14532.jpg
resize14540.jpg

そしてまずは今回の立役者、スガワラケイ氏のご紹介(^_^)

resize14537.jpg

さあ、このあとは、「素顔」のミュージシャン、スタッフの皆さま、ご歓談。あえて、どのバンドの誰かは書きません(^_^;)お愉しみください。

resize14541.jpgresize14542.jpgresize14535.jpgresize14547.jpgresize14548.jpgresize14562.jpg

ご挨拶抜粋(^_^)

resize14571.jpgresize14565.jpgresize14578.jpgresize14598.jpgresize14593.jpgresize14603.jpgresize14607.jpg

さて。このあと結構乱痴気騒ぎになるのでその辺の写真は自粛するが(^_^;)
やはりここはミュージックバー。しかも、元屋根裏店長の経営なので、ギブソン・フェンダーをはじめとするきちんとした楽器がきちんとあり、きちんとしたアンプやドラムがきちんとあるのである。やはりここは、こんだけバンドマンが揃ってると、セッション!するしかない!

ま、最初は、ホストバンドなのでこーいうメンツで演りますが(^_^)

resize14622.jpgresize14627.jpg

このあとはもー、各パート入れ替わり立ち代わり、UWFの提案でブルースから!これまた、レアもんの組み合わせ満載なんでお愉しみください(^_^)

resize14645.jpgresize14646.jpgresize14647.jpgresize14648.jpgresize14649.jpgresize14652.jpgresize14660.jpgresize14657.jpgresize14664.jpgresize14671.jpgresize14685.jpg

ラストはやっぱり、富津だから記念写真だよね(^_^)
さて、私はどこにいるのでしょう?(^_^;)

resize14687.jpgresize14673.jpg

来年、いや、今年の富津はどうなるか、開催できるのか、現時点ではわからない。でも、いつもそうなんだ。そうやって、毎年イチから、積み上げていくのがこのイベントの醍醐味なんだ。

だから、敢えて今年がどうこう、は今書かない。そして、この日も「バンドとは何か」「なぜ我々はバンドをやるのか」というマジな討論が、バンドの垣根を超えてそこここで行われていた。それでいいんだ。順風満帆なバンドもなければ、順風満帆な人生もない。

 だから演るんだ。だからこそ演るんだ。

 そう、お愉しみはこれからだ!

DSC_0591.JPGDSC_0592.JPG

<お詫び>

前回記事にあるように、事情により、2/6と2/11のライブに出演不可となり、マサ中山とお客さまにご迷惑をおかけしました。謹んでお詫び申し上げます<(_ _)>

resize14559.jpg
posted by ジェイソン國分 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする