2017年11月24日

至上空前のおたんじょう会(^_^;) 序章

 22日に58歳になりました。いやー、還暦イーシャンテン、じーさんです、とよく自己紹介するのだが、ここまでくると完璧にジジイである(^_^;)なんのこっちゃ。

 そして、これでもうサムズバーでは53歳から6回目、おたんじょう会ライブが開かれることになった。ほんとにありがたいことである。

 そしてそして、今回、HIRYU、ソウルキッチン、UFJの現在活動中の三バンドがすべて出てくるのに加え、スペシャルゲストが登場し、さらには写真はマドノ氏、タニムラ氏の両巨頭が撮影し、さらにさらに、富津にも残念ながら参加できなかったユモトADも仕事を投げて(^_^;)帰ってきてくれ、もうこれ以上ないような布陣でお送りするわけである。

 俺、こうなると逆に不安になるんだよね。だつてこんな豪華絢爛にやってもらっていいのか。何かとんでもないことがおきるんじゃないか、と。そしたらね…起きました(爆)

 まずは良いほうのとんでもないことから。超満員の、ほんとにほんとの立錐の余地もなく、いくこママが「そーるどアウト!、モー無理!!」と絶叫する人数が来てくれたお客さま。ほんとにほんとに、感謝しています。現在の教え子諸君をはじめ、いろんなオモテの仕事の職場の関係者のみなさま。そして同級生から、おなじみスナックの常連のみなさまも、そして、今年のステージで知り合った方々。
 ひとの「縁」(えにし)を感じるよね。極めつけは、34年ぶり!に会う教育実習!でお世話になった恩師がサプライズ登場してくださった。そう、この方がいなかったら、ソウルキッチンとも、亜沙妃とも、今回のM中演劇部の諸君とも、トモエとも、出会うことはなかったんだ。そう考えると、目頭が熱くなるとともに、こんなド緊張したライブもそうはない。

 そしたらさ…立ち眩みが起こって、目の前が一瞬ホワイトアウトした(>_<)観に来てくれた皆さん、気づきました?第二部ソウルキッチンでの「横濱でカンパイ!」あのときドラムサイドに腰かけ、ゴウのソロに声援を送ったのは、あれ、実は立ってらんなくなっちゃったんですよ((+_+))相棒を含め何人かには気づかれたけど、ステージを止めずに、何とか演れた。そのあとは水飲んで回復。ここは自分を褒めよう(^_^;)、うん。楽しんでくれてるお客さまに気づかれちゃいけないと思うんだ。

 さあ、マドノ氏の写真も届いたんで、例によって仰々しく、何回かに分けて、レポートをお届けしたいと思います。だって、凄く温かい、こんないいライブはそうはないのだもの。

resize12702.jpg
金子先生.jpeg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

B2017.11.26(日)
君津市小糸・スポーツ広場
小糸フェスティバル

C2017.12.2(土)
木更津MICKhttp://may0925.blog.fc2.com/
第8回ミック・フォークジャンボリー

D2017.12.10(日)
メディカルホームグランデ青葉藤が丘
ジェイソン國分クリスマス歌謡ショウ!

E2017.12.17(日)
蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
池タコ倶楽部ライブ55
15周年記念!!

F2017.12.29(金)
日吉Naphttp://www.hiyoshinap.com/
Nap歌い納め2017
UFJ、3rdステージ!

G2018.1.3(水)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分新春歌謡ショウ!

H2018.1.7(日)
アズハイム川崎中央
ジェイソン國分新春歌謡ショウ!

I2018.1.8(祝)
横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/
吉例・王様と競演〜ジェイソン國分&スケアクロウズ登場!

<特報>
あの11/5の大田区民フェスタ、池タコ倶楽部のステージが全編ユーチューブで見られます!
ジェイソン國分#大田フェスタ2017#池タコ倶楽部#20171105
https://youtu.be/0G-WjyXb6Os
撮影はスブラウトのババさん!ありがとう!

IMG_5971.JPG
posted by ジェイソン國分 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

バンドを組む、ということ 〜「BLUE GIANT SUPREME」における一考察

 ビッグコミックに連載中の「音が聴こえる」「圧がわかる」と評判のジャズ漫画「BLUE GIANT SUPREME」。前身の日本編であるBLUE GIANTから大好きで単行本買ってたんだけど、欧州編であるSUPREMEになってから、連載は読んでるものの単行本は買わなくなった。これは、日本編の最終局面でほんとにやりきれないことが起こって、主人公のバンドが解散してしまい、それが何というかとてもやりきれなかったからなんだが…

 そして独りドイツに渡った主人公に、自然と「組みたいミュージシャン」ができはじめる。出会いはひとの性格がさまざまなようにそれぞれさまざまなんだが、主人公は彼らに愚直に彼らに「組みたい」と申し入れ、セッションが実現する。小柄な女性ながら骨太な音を繰り出すベーシスト、ドイツ人のハンナ。美しく繊細な音を紡ぎだすのに、短気ですぐキレるため、演奏中に他のメンバーに対して「つまらん」と判断すると水をぶっかけて(!)帰ってしまうポーランド人のピアニスト、ブルーノ。そして、超絶な技巧を持ちながら、自分の主義のため特定のバンドを組むことを良しとせず、セッションを繰り返すドラマーのフランス人のラファエル。

 そして前号でやっと彼らのセッションが実現するのだが…それぞれがそれぞれに対して、「今までになかった」感覚、というか、一言で言うと「面白い!」と感じ始める。

 バンドの楽しさ、ってこれなんだよね。主人公がつぶやく「人種も、国も、性格だって違うのに、このグルーヴはなんだ?これで感情までわかりあえたら、いったいどんな音になるんだ?」

 この段階でブルーノとラファエルは完全に打ち解けてないし(一度喧嘩になっている)四人揃うこと自体が初めてなんだが…バンドってのは生き物だから、まだ全然打ち解けてなくても音を出すことになることはある。でもそれで「おお!」と思うと、そのメンバーとは長く演れたりする。これを相棒は「化学反応」と呼んでいる。そして、この漫画にもあるように、音楽以外のことでメンバーが抜けたり、解散することもある。それは、自分に責任があるときもあるし、そうでなくてどうしようもないときもある。



 今週土曜日、俺の誕生祭がおこなわれる。いつまでおたんじょう会やってんだ!という突っ込みは一度置いといて(^_^;)ここに今回HIRYU、ソウルキッチン、UFJという「現在活動中」の三つのバンドが一堂に会することとなった。これはほんとうに素直に嬉しい。自分が歌ってる三バンドがすべて登場するのは今はもうない木更津グラフで演った「50歳ライブ〜半世紀少年」以来だ。

 今回の出演者を数えたら俺をいれて全部で9人。池タコの村さんが作ってくれたすんばらしいポスターをみたある方が俺に「サイボーグ009みたい」といってくれた。ちょうど男8人、女性ひとりだしね。あの名作が大好きな俺は嬉しかった。「サイボーグ009」のメンバーは、国籍、性別、人種、年齢、そして性格がそれぞれ違う9人で構成される。だから強いんだ。まるでバンドのようだ。まー今回のメンバーで誰が006=張々湖、なのかはおいといて(^_^;)

 これまでいろんなことがあったし、これからもあるだろう。メンバーのひとりは残念ながら今回のステージが最後になる。理由もたいへん納得できるし、わかっていたことではあるが(俺と仲違いしたわけじゃないよ)彼女のおかげでバンドは確実に前進したし、本人も「卒業」という言葉を使っているので、笑顔で送り出したいと思っている。 

 というわけで、たいへん面白いライブになると思います。場所がサムズバーで席が限られてるんで(^_^;)、来ていただける方はご一報ください(^_^)

BLUE GIANT SUPREMEで、やはり組まない、とひとり出ていくラファエルを主人公が追いかけ、その理由を聞く。ラファは「バンドの目標ってなんだい?グラミーを取ることかい?それともCDが売れまくることかい?俺はそんなことには興味はない。ただ、人生の最後まで自分が音楽やっててよかった、と思いたいだけなんだ。だから特定の人間とは組まない。俺は自分勝手でワガママな人間なんだよ」と答える。
 その答えに主人公は「おかしいなあ。君のドラムには微塵も自分勝手でワガママなところなどなかった。君はちゃんとひとを楽しませるのが好きなんだろう?」
 そしてベルリンの壁の前で話す彼は壁を指差して「何が起こるかわからない。こんな強固な壁だって崩れるときは来る」といって、ラファにお礼を言って去る。そしてラファエルは…

 そう、何が起こるかわからない。バンドはそういうものなんだ。そして主人公の言うように、ひとを楽しませる、ということを第一義に考えて、ステージに立ちたいといつも思っているんだ。

※BLUE GIANT についての俺の過去ログ。よかったら合わせて読んでね。
http://jasonk.seesaa.net/article/411914050.html

IMG_5870.JPG
IMG_3017.JPG
resize11798.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>
@2017.11.18(土)
横濱野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
「ジェイソン國分生誕58周年記念祭・HIRYUvsソウルキッチン!」オープニングアクト、UFJ!
(前座はジェイソン國分ソロ、三時間歌いっぱなし!(^_^;))
IMG_5971.JPG



A2017.11.19(日)
大井埠頭・第六バース
(会社関係のイベントのため、一般の方はご入場できません)

B2017.11.26(日)
君津市小糸・スポーツ広場
小糸フェスティバル

C2017.12.2(土)
木更津MICKhttp://may0925.blog.fc2.com/
第8回ミック・フォークジャンボリー

D2017.12.10(日)
メディカルホームグランデ青葉藤が丘
ジェイソン國分クリスマス歌謡ショウ!

E2017.12.17(日)
蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
池タコ倶楽部ライブ55
15周年記念!!

F2017.12.29(金)
日吉Naphttp://www.hiyoshinap.com/
Nap歌い納め2017
UFJ、3rdステージ!

G2018.1.3(水)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分新春歌謡ショウ!

H2018.1.7(日)
アズハイム川崎中央
ジェイソン國分新春歌謡ショウ!

I2018.1.8(祝)
横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/
吉例・王様と競演〜ジェイソン國分&スケアクロウズ登場!

<特報>
あの11/5の大田区民フェスタ、池タコ倶楽部のステージが全編ユーチューブで見られます!
ジェイソン國分#大田フェスタ2017#池タコ倶楽部#20171105
https://youtu.be/0G-WjyXb6Os
撮影はスブラウトのババさん!ありがとう!

resize12601.jpg
posted by ジェイソン國分 at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

大田区民ふれあいフェスタ、快晴!

 きらめく太陽のもと、第23回大田区民ふれあいフェスタが開催された。

 主催者の遠藤さんのご挨拶の中にもあったが、ここのところ土日祝日はとにかく雨、なんといっても、このフェスはトレーラーステージで行われるのだが、前日はぬかるんだ地盤にトラックが沈んでしまったらしい。

 でもこの日はご覧のような快晴!やはり青空の下はキモチいいのだ。

resize12400.jpg

さて、この日はいつも、「池タコ倶楽部オールスターズ」として臨むのだが、この日はドラムスに池タコバンドの象徴と言えるクニさん、ベースはよっちゃん、キーボードにマサ、ギターはJUNと村さん、そして俺とSHINのツイン・ヴォーカルという布陣である。

↓唯一全員写ってる写真(^_^;)
!cid_A699D230-53D0-413B-AAB5-5B7FB9862B1A.jpg

さて皆さま、隣の男はいったいなんだ?と(^_^;)そう、SHINくん、今日は気○いピエロとして参戦なのである(^_^;)

resize12403.jpgresize12482.jpgresize12504.jpgresize12525.jpg
resize12581.jpg

いや、もう、なんつうか似合い過ぎるっちゅうか(爆)盟友の詩人・はらぺこ太郎氏がご家族で来てくれたのだが、愛息のリンタロウくんがあまりの恐怖に(^_^;)「もうおうち帰りたい」と泣きじゃくるという(爆々)

でもちゃんと皆さんとカンパイ(^_^)

resize12406.jpg

青空の下のビールはウマい(^_^)

さて、機材トラブルで進行が遅れそうになったが、そんなことはものともせず、きちんと時間内にあげるべく突っ走るのだ!(ココ大事。時間厳守はフェスに出るもののマナー)

resize12432.jpgresize12565.jpgresize12567.jpgresize12579.jpg

なんというか、この日の池タコバンドは、会場に集まった皆さんが出してくれた「待ってましたオーラ」に応えられたかと思う。これは嬉しいよね。ハモニカ20人を率いる大先輩から「あんた、いいよ!佇まいが違う!」と最大級のご評価を戴く(^_^)

resize12582.jpgresize12589.jpgresize12599.jpg

そして更なる機材トラブルにSHINと二人でアカペラで繋ぐ。これ、昔、蒲田駅前のフェスで停電したとき、急遽の展開で二人で演った伝説のステージの再現。ほんとにこの広い会場で地声でやっとります(^_^)

resize12601.jpgresize12604.jpg

さあ、こうなったらもう、客席のスーパーブルーシートまで行くしかない!(^_^)

resize12611.jpgresize12650.jpgresize12647.jpg

この日は、実は総合司会も担当してたんで、まーこんな感じでリラックスしてやってたんだけど(^_^)

resize12692.jpg

いろんな人に新たに出会えたり(大先輩、次は共演しましょう!)いろんな人が会いに来てくれたり(スバル、誕プレと差し入れの焼きそばは嬉しかったぞ!)やはり、こういうステージは最高だ。
何というか、温かい気持ちになれる。世間はイヤなニュースが多いけど、こういう繋がりは大事にしていきたいと思っている。

IMG_6034.JPGIMG_6053.JPGresize12687.jpg

2017.11.5
大田区民ふれあいフェスタ
平和島海浜公園太陽のステージ
池上タコ飲み倶楽部オールスターズ セットリスト

1.酒飲み集団(プリティ・ウーマン)
2.池タコの世界(You can feel it all over)
3.蒲田の居酒屋の女(ホンキー・トンク・ウイメン)
4.タコ飲みワールド(ジョイ・トゥ・ザ・ワールド)
〜アカペラ
「酒と涙と男と女」「ケ・サラ」
5.酒飲みのチャンピオン(ウイ・アー・ザ・チャンピオン)

resize12700.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>
@2017.11.18(土)
横濱野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
「ジェイソン國分生誕58周年記念祭・HIRYUvsソウルキッチン!」オープニングアクト、UFJ!
(前座はジェイソン國分ソロ、三時間歌いっぱなし!(^_^;))
IMG_5971.JPG

D2017.11.26(日)
君津市小糸・スポーツ広場
小糸フェスティバル

E2017.12.2(土)
木更津MICKhttp://may0925.blog.fc2.com/
第8回ミック・フォークジャンボリー

F2017.12.17(日)
蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
池タコ倶楽部ライブ55
15周年記念!!

<特報>
2018.1.8(祝)
横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/
吉例・王様と競演〜ジェイソン國分&スケアクロウズ登場!

resize12697.jpg
posted by ジェイソン國分 at 01:00| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする