2017年04月29日

さらばレボリューション9

 時系列的には先週のオッタンタ・リポートからなのだが…これはじっくり書きたい、ということもあり…そして、今日のこのキモチを書き留めておきたい、と思い表題のライブを観に行った感想を。

 教え子のスズキコウタくんのバンド、レボリューション9が今日で解散した。「4/29に解散ライブを行うから、是非きてください」という彼らしい丁寧なメールを貰ったのは半年ほど前だったと思う。すぐに返信すると、これまたすぐに電話がかかってきた。そこで、解散理由をすべて聞いた。ここには記さないが、俺がクルマを停めて、30分以上聞き入ってしまう内容、そしてそれはバントを「大人になっても」やるものにとって、誰もが直面する、そして避けられないとも言えることだった。
 このことで解散する「イイ」バンドはあまたあった。HIRYUも、直面したことがある。そしてそれを何度か乗り越えてきた。だから、コウタの無念さ、が俺にはよくわかった。

 いいライブだった。いいバンドだった。
 途中、「今までのレボリューション9のメンバーが、今日は全員来てくれています」コウタはそれだけ言うと、絶句してしまった。感極まったのだろう。そのとき、彼を元気づけるコールの中に、心無い(盛り上げようとしたのだろうが)野次、ともとれる言葉があった。
 コウタは、感情を爆発させた。このバンドを、13年間の長きにわたって牽引してきた彼の、それは心の叫びだった。本来なら感情的になるべきでないのかもしれない。でも、俺は彼の気持ちが痛いほどわかったし、そしてその叫びは、今日、この時のライブ空間に必要なものだったと思う。

 そのあと、ライブは爆発的盛り上がりを見せた。会場の千葉LOOKは超満員、二時間半ぶっ通しで、いったい何曲やったんだろう。
 俺はほぼ前列ちょっと後ろの真ん中あたりで見てたんだが、モッシュとダイブの嵐になり、少し後退した(一応俺は現役のバンドマンなので、避けかたは心得ている(^_^;))。
 
 その時気づいた。
 モッシュやダイブをやってる方々も楽しんでいるのだろうれけども、後方になればなるほど、大暴れには加わらず、彼らの歌詞をいっしょうけんめい口ずさんでいる人たちが数多くいた。
 ああ、レボリューション9が大好きだった、いや、レボ9に「救われてた」人たちがこんなにいるんだ。彼らの真摯な13年間は、素晴らしいものだったんだ。心から、そう思えた。

 コウタ、おつかれさま。いいバンド、いいライブだったぜ。きみが最後のMCで言った通り、「またライブハウスで笑顔で会おう」。その日はそんなに遠くないことを、俺は確信している。

レボ9B.JPGレボ9A.JPGレボ9@.JPG

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2017.5.5(祝)
日吉Naphttp://www.hiyoshinap.com/
久々の完全独りの弾き語り、敢えて挑戦!(^_^;)
20:20〜20:50(しかもトリだ(^_^;))

A2017.5.6(土)
横濱野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
HIRYU推参!!〜新生HIRYU一周年!!

B2017.5.13(土)
蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
オッタンタ開店22周年記念イベント!
池タコSPバンド!

C2017.5.28(土)
アズハイム川崎中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

D2017.6.3(土)
木更津MICKhttp://may0925.blog.fc2.com/
ミック・フォーク・ジャンボリー

E2017.7.2(日)
横濱野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
ジェイソン國分&ザ・ソウル・キッチン
スペシャルゲスト、リアル・ミュージカル・スター、國分亜沙妃 再登場決定!
今度は…『美女と野獣』!?

F2017.7.23(祝)
横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/
王様vsソウルキッチン!!

<特報>
「シン・富津のいちばん熱い日 2017」開催決定!!!
近日にぎにぎしく発表!!

W/あさひ@.JPG
posted by ジェイソン國分 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: