2015年01月31日

歌うたいの愉悦@ 〜1/30 「ジェイソン國分の魂が鳴りやまない夜」ライブリポート

 表題のライブ、終わりました。今回、いろいろあって満足に告知ができなかったのだけれど、初めてのお客さまが海外の方含めたくさん来てくれて(サムズバーのマスターとママが「楽しいライブだよ」と声をかけてくださったのだそうだ。ありがたい<(_ _)>)結果としてサムズバーの席を埋め尽くしてくださった。感謝至極である。

 さて、今回のライブはSHIN、なるTという二人のシンガーとのユニットを中心に企画してみた。これは何もこのために泥縄で組んだわけでなく、SHINとは茅ケ崎・蒲田で、なるTとは日吉で、そしてここサムズバーでも二人とやるときは必ず1〜2曲演っている。それが愉しくてさ(^_^)さらにはお客さまの評判もよく。そこでそう、自然発生的に演ってみようと思ったわけだ。で、前回、前々回の記事になる。

 二人とは四曲ずつ、三人で二曲演った。今日は、この曲たちの解説、というか俺の想いを書いていこうと思う。

 
<SHIN&JASON>

@蒲田の居酒屋の女
まー、要するに「ホンキー・トンク・ウイメン」池タコバージョンである(^_^;)この詞はSHINと二人で書いているんだけど、なんというか、単なる「替え歌」にとどまらない詞になってると思うんだ。
そしてやはりこの曲はギターリフ。ご存じ俺あんまりギター上手くないんで、バンドではほとんど弾かせて貰えないんだけれど…こんな高揚するリフはない。SHINと「キース&ロン」ができて嬉しい(^_^)

Aお鍋の季節
まー、要するに「スモーク・オン・ザ・ウォーター」である(笑)。白眉は「おーなべのきせーつ、お酒のみのみ」である(爆)この曲やってるときに海外の方々が多く入って来られたのだが…どう思われたであろうか(^_^;)

B伽草子
吉田拓郎の名曲。拓郎は激しい歌も書くが、こういう抒情的な名作を残す。
そして、SHINくんはこの前の二曲のように「明るくご陽気に」の印象が強い…というか全体印象は「ちょっとオカシなひと、であったりするのだが…(爆)こういう歌が唄える、歌の上手いひとなのだ。
往年のぼろアパート「松葉荘」で35年前に二人で歌ってた曲をいまここで演れるとは、あの頃の我々に見せたら、どう思うであろうか。

Cケ・サラ
そういうわけで今回の白眉。リハではあまりしっくりいかず、どうしようかと思っていたが(^_^;)本番は非常に万感の展開(だよな?(^_^;))であったと思う。
「ほくらの人生は 階段を手探りで歩くようなもの」なんだ。「誰だってわかりはしない」のさ。
このカンツォーネが歌えるのは中学時代の恩師、エビス先生のおかげである。聴いていただきたかったなあ。

SHINとは35年の付き合いになるが、お互い、あまり平穏な人生じゃなかったと思う。でも、だからこそ、この歌が二人で歌えるんだ。

 今回、SHINとなるTと演れたことで、歌ううたいの愉悦を思い切り味わうことができたとともに、これから「先に進む勇気」を貰えたと思う。

 このへん、じっくり書きたいので、次回「なるT編」に続く(^_^)

resize2647.jpg
resize2668.jpg
resize2679.jpg
resize2683.jpg
resize2704.jpg
resize2693.jpg




 
posted by ジェイソン國分 at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: