2014年12月30日

12/29 日吉Nap & 蒲田オッタンタ 歌い納め ライブリポート

 今年の歌い納め、しかも怒涛の二連荘!無事演ってまいりました〜ヘロヘロですが(^_^;)これは熱いうちにレポートをば。

 まずは日吉Nap。この静謐なハコの2014ラストに呼んでいただけるのは恐縮至極である。今夜のトリはなるT。そして俺はその前。つまりトリ前なんである。こいつはキメなきゃなー、なんて考えてたら、往きはおりからの結構豪雨。その雨見ながら運転してたら、なんかしっとりしたバラードやりたいな〜なんて考えて、Toru−Johnにメールしたところ、とある曲がイケるという話になる。それはイーグルスの「デスペラード」。

 公式サイトで発表されたのでここに書けるが、スケアクロウズからトシンとナオヤが脱退した。つまりスケアクロウズは二手に分かれてしまったわけだ。全く予想してなかったわけではないのだが…ここに至るまでの苦悩と混迷はまさに他人事でない。ともあれ、「富津」のトリ前を任せたほどのバンドが決めたこと。双方に幸多かれ、と思う。そう、バンドマンてのはほんとに困ったヤツらで、うまい立ち回りなんかできないんだな。愛すべき「ならず者」たちなんだ。俺は「デスペラード」を“第一期”スケアクロウズの終焉に捧げたいと思ったんだ。

 さて、Napは珍しく(なんつーと怒られるな)超満員。今回、Toru−Johnに最初から登場してもらって、バラードでじっくり攻めさせてもらった。Napは音のいい、静謐な空間だ。素の歌がまっすぐ届く。ちょっと二人のリハ不足(横浜でリハったのだが、デスペラードばっかり演ってた(^_^;))で、バタバタしてたのと、俺の実弟が甥っ子(最近ギターを始めた)連れて30年ぶり!に観に来てくれたりで柄にもなく緊張してたりして(^_^;)
 でも「ロックンロールが鳴りやまない・ピアノバージョンも披露できたし、「星」は納得いく出来だったと思う。「上手い!」なんて大向こうから掛け声かかると嬉しくなっちゃうよな。Napのマスターとお客さまに絶賛して貰い、嬉しかった(^_^)

resize2148.jpg
resize2173.jpg
resize2192.jpg
resize2248.jpg
resize2300.jpg

12/29 日吉Nap ジェイソン國分&Toru−John セットリスト

1.ワン・モア・チャンス

リクエストコーナー
吉幾三「酒よ」

2.凍った星から降りたいんだ
3.デスペラード(イーグルス)
4.星が降るまえに
5.ステファンの息子
6.ロックンロールが鳴りやまない
7.Brother&Friends

resize2272.jpg

さて、Nap全公演終了後、愛車シルビアくんで一路蒲田に。「オッタンタスペシャル」年忘れオールナイト公演である。オッタンタの一年を彩った、いろんな方が登場する…池タコバンドの登場は午前零時!
んでもこれまた超満員、立錐の余地なくオッタンタを埋め尽くした皆さんが笑顔笑顔で楽しんでいただいた。とくに今夜は「蒲田の居酒屋の女」が良かったと思う(^_^)

resize2339.jpg
resize2350.jpg
resize2345.jpg
resize2366.jpg
resize2379.jpg

12/29 蒲田オッタンタ 池タコスペシャルバンド セットリスト

1.池たこ飲んべ(ゲット・イット・オン)
2.蒲田の居酒屋の女(ホンキー・トンク・ウイメン)
3.お鍋の季節(スモーク・オン・ザ・ウォーター)
4.タコ飲み少年(20thセンチュリー・ボーイ)

resize2407.jpg

さあ、めでたく2014年のライブ・ツアー全42ステージを締めくくることができました。
一年間、観に来てくださったすべてのお客さまに感謝申し上げます<(_ _)>
来年も…  演るぜ!(^_^)
posted by ジェイソン國分 at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: