2014年11月25日

史上最強のお誕生会 後編!

 さてさて、約20分のインターバルを挟んで、第二部はHIRYU5人でのバンドステージ。さあ、一曲目はライブハウス・オープニングに欠かせない「終わらぬショーにようこそ!」なんだ…が、「カモン、タッチー!」と叫んだものの、いつものスネア・ロールが聞こえてこない。ん?こりゃまた誰か間違えたかいな、などと考えていると…なんか耳慣れたメロディーが。こ、こりゃ「ハッピー・バースディ・トゥ・ユー」ではないか!しかもお客さんが歌ってくれている。こ、こりゃサプライズ演奏というやつか(T_T)
 思えばライブの一週間前ぐらいに、メンバー間で謎のメールが飛び交っており、やれ「ヨシテツに届かない」とか「埋もれたんじゃないのか」などと。ほんで、「俺が転送しようか」などと書いたら誰からも返事が来ない(笑)うーむ、これはいかん、誰か脱退したくなってて、ヨシテツに相談してるのではないかとダークなことを考えていたのだが(~_~;)
 いや、こりゃ嬉しいよね。実は本日もクラスの教え子たちがステキなサプライズを仕掛けてくれていた(^_^)ほんとに気づいてないと、サプライズってのは涙ちょちょ切れるよ(T_T)思わず御礼。

resize1726.jpg
resize1725.jpg

 続く「炎の魂」では客席に無数の人差し指が突き上がる。二曲目から客席に充実の一体感。これは、と思い曲順をちょっと変更し「ワン・モア・チャンス」を。後述するブックレットに、とある方が「失業中、この曲に救われた」と書いてくれた。「このまま載せていいんですか?」と伺うと、「是非!」というお返事が。
 俺は、歌は「共感」だと思っている。その方の当時の苦境は、想像するにあまりある。それだけに、自分の歌が一助になった、と書いていただけたのはほんとに嬉しいんだ。

resize1728.jpg

 「RED」ではCHDが最大長尺のソロを披露、「羅生門」ではヨシテツのフェンダー・ストラトキャスター’56がうなりを上げる。メンバーのテンションが上がってくるのは、背中がぞくぞくする快感だ。この辺は二人のブログを是非読んでほしい
http://avoidnote.exblog.jp/
http://blogs.yahoo.co.jp/redtyler/35093612.html

 自分でも盤石の情感だった「星が降るまえに」から後半へ。新曲「ロックンロールは鳴りやまない」。この曲の詩にはいろんな思いがこもっているのだが、それぞれの想いがそれぞれの人たちへ届いた気がした。そして「Brother&Friends」、トイレの通路前まで埋め尽くしたお客さんのところまで、文字通りテーブル乗り越えて飛んで行って一緒に歌う。最高だ!

resize1716.jpg
resize1453.jpg
 アンコールはマジで何やるか、かけてもらえたら当日任せね(アンコールとは本来そういうものである)、と考えていたが、この、バンドのとんでもねーテンションなら、これしかない。「WeAreRock’nRollBand」!ほぼ30年前!に書いたこの曲は、コードは三つしか出てこないし、よく教え子たちが気に入ってくれて演奏してくれたりしてた。むちゃくちゃ簡単で、誰にも演奏できるのだが、反対に「HIRYUのようには誰にも演奏できない」曲なのだ。
 アンコールの前にメンバー紹介をしたのだが(俺はこのメンバー紹介というやつが無性に好きなのだ)ここんとこ、俺の紹介はヨシテツがしてくれている。
 ここでヤツは「俺は國分が愉しそうに歌うのが見たくてギターを弾いている」と掟破りのひとこと。いや、これ、たまらん。10年ぐらい前に、教え子の女性ヴォーカリストにヨシテツがこのような趣旨の発言をしたことがあり、彼女は「あたしもこんなこと言われてみたい」と泣いてくれた。ほぼ、同じことをRC時代のチャボが言っているんだ。素直に、マジに、感謝します。

 そのヨシテツが怒涛のリフで「今夜はオールナイトで」!もう、客席ぐっちゃぐちゃ、史上最高の阿鼻叫喚(^_^;)最高どこの騒ぎじゃないぜ!
resize1469.jpg
resize1480.jpg

 こうして史上最強のおたんじょう会は幕を閉じたが、そのあともお客さんがたくさん残ってくれて、みんな楽しそうに、今夜初めて会った人も、何年ぶり(何十年ぶり)に会った人も、最高の笑顔でグラスを傾けている。ほんと、最高だ。そして、ミュージシャン仲間から同級生から昔のメンバーから今の教え子から昔の教え子…、すべてのひとがこんな宴を作り上げてくれて、言葉にならないぐらいの感謝感激です。ボキャブラリーがなくなってるな、俺(^_^;)それほどってことです。

 一生、歌っていきます。ほんとにどうもありがとう。最高だった。

resize1711.jpg
resize1712.jpg
resize1713.jpg
resize1714.jpg
resize1715.jpg


11/22 横浜野毛サムズバー HIRYUセットリスト

第一部
1.銀河旋律(ソロ)

リクエスト・コーナー
アグネス・チャン「ひなげしの花」
ガロ「君の誕生日」「学生街の喫茶店」
嵐⇒惨敗⇒AKB48「ポニーテールとシュシュ」
沢田研二「コバルトの季節の中で」「勝手にしやがれ」

2.たびだちのうた2014(ゲスト・平川永遠)

3.ギターラ(w/ヨシテツ)
4.凍った星から降りたいんだ(w/Toru−John)
5.ステファンの息子

第二部
6.ハッピー・バースディ(サプライズ演奏(T_T))
7.終わらぬショーにようこそ
8.炎の魂
9.ワン・モア・チャンス
10.RED2014
11.羅生門
12.ヨコハマで乾杯!
13.星が降るまえに
14.ロックンロールが鳴りやまない
15.Brother&Friends

アンコール
16.We Are Rock’n Roll Band
17.今夜はオールナイトで

resize1721.jpg
resize1729.jpg
resize1730.jpg
resize1717.jpg
resize1723.jpg
resize1733.jpg
resize1724.jpg
resize1720.jpg
resize1732.jpg
resize1719.jpg
posted by ジェイソン國分 at 23:59| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいライヴだった事がひしひしと伝わって来ますね。行けなかったのがつくづく悔やまれるなぁ(苦笑)。
俺も経験ありますが、サプライズは嬉しいモノですよね。まぁ俺の場合はトラブルのお陰でバレバレのサプライズでしたが(六本木のアレです 笑)。
ブックレット、残っていたら是非見てみたいです!
Posted by なべ珍 at 2014年11月26日 08:10
改めましてお誕生日おめでとう...ございました♪←過去形(笑)
今年もサムズバーのママさんの素敵なご提案のもと開催された「お誕生日会ライブ」素晴らしかったです♪
昨年同様遠方から来てくれたお友達もとっても楽しかった!!と言ってくれました。
メンバーの皆様がお一人ずつ加わって音が重なることでHIRYUさんが形になっていく演出も素敵でしたし、ヨシテツ氏(生意気なお名前の表記ですみません)のギター演奏は勿論のこと、ブルースハープも、わぁ、すごい!かっこいい!と思いながら聴き入ってしまいました、というか見とれてました(*^^*)
メンバーの皆様の粋なはからいのサプライズ、そしてあの場にいらした皆さんの心からお祝いする気持ちも受けてとっても幸せなお誕生日会だった事と思います♪
メンバー紹介の中、ヨシテツ氏が仰ったお言葉、「Jason氏が気持ちよく歌えるように...」ではなくて
『たのしそうに歌うのがみたくて....』という件、私なりの解釈を致しましたが、お二人の揺るぐことのない深い絆を感じて感動しました!!
僭越ながら...なんて素敵な相棒さんなのでしょうか!!と...
これからもずっとずっと「本物」のライブをパワフルな歌声、そして時に優しく語りかけるような歌声で歌い続けて下さいね♪
色々とお気遣い頂きました事並びにとってもとってもたのしいお時間有難うございました^^

Posted by candy at 2014年11月26日 11:22
私は誕生日を「何歳になったことを祝う日」または「何年前にその人が生まれたことを祝う日」と思っていました。
しかし、昨日のライブを見て「55歳のジェイソン國分」が誕生した日なのだと分かりました。

ロックは反体制という性質を持ちますか、これは反抗的なわけではなく、社会で苦しんでいる人たちや弱者のために立ち上がるという意味です。
國分さんの歌には歌詞は違えど、共通の伝わってくるメッセージがあります。

「天国だろうが地獄だろうが構わない。俺も一緒に行くからさ」

「いいんだよ、俺だってそうなんだから」

「誰がなんと言おうが俺はおまえが好きだよ。おまえが必要なんだよ」

そういった國分さんの思いが伝わって心に響くのです。この人は絶対に裏切らないと分かり、熱く温かい気持ちになれるのです。
ライブは22時に終わりましたが、人々はそのあとも歌い語り、帰宅した人もCDを聴きタオルやリストバンドを手に取り、ライブの心地よい余韻に身を委ねたのでしょう。
アンコールの歌詞のように、昨日の夜はオールナイトで続いたのではないでしょうか。

生きていく中で避けられない辛さや痛みや悲しみも、輝きにかえて歌うジェイソン國分さんを必要としている人はたくさんいます。
ギターを抱きながらステージで大往生するまで、歌い続けてください。
Posted by 石川剛章 at 2014年11月26日 23:36
とてもいいステージでしたし、HIRYUは本当に素晴らしいバンドです。
Sam's Barには初めて行きましたが、正直、うおっ狭めぇとか思いました(笑)。しかしその狭さをオーディエンスとの一体感に昇華できるエネルギーがHIRYUにはある。それがとても素晴らしいし、リツコさんも委員長も素晴らしい。今の自分が許せないなら、新しい自分に変わればいい。変身だよ。と、意味不明なことを書いたところで、この辺で。
勇気をありがとう。これからも気合いで生き延びていきます。
Posted by UWF田村 at 2014年11月30日 01:51
>なべ珍

そう、こなきゃダメだよ!(^_^;)昨年来てくれたじゃん!復帰を待ってますよ。

>Candy

お客さまには気遣って当たり前(^_^;)
HIRYUの本質に気づいてくれて嬉しいです(^_^)

>石川先生

またまたありがとうございます(^_^)

>たむさん

再会に感動しました。来てくれてありがとう。
「委員長とリツコさん」わかる人どれくらいいるかな?
是非また!
Posted by Jason_K at 2014年11月30日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: