2012年12月30日

12/29 四谷アウトブレイク ライブレポート

 いいライブだった。ステージで歌っていて、お客さんの笑顔が見られるくらい嬉しいことはない。
 
 
 今年最後のライブ、HIRYUとしても、俺としても。俺自身、今年は結局1/6のアズハイム上大岡+渋谷エッグマンのダブル・ライブから昨日の四谷アウトブレイクまで全32本。声帯ポリープでの二か月半の休業を挟んでだから、やはり数多いといえるだろう。でも、けして数だけをこなすのでなく、印象的な大事なステージをひとつひとつこなしてきた。2月の「小田原の約束」、3月の仙台・復興ライブ、5月のEDGEへの参加、6月の「HIRYU STRIKES BACK 2012」、7月の石巻・仮設住宅で歌った200曲超、8月の三年ぶりの富津公園…一年間の我々の、競演者の、そしてお客さんの「想い」を凝縮させるべく、今年を象徴する奇をてらわない選曲をして、アウトブレイクのステージに向かった。

 ライブはオープニング・アクトの「なつぐれ」からスタートし、アコースティック編成のロックンロール・ボス。ここはクリエイションの『ロンリー・ハート』をなかなかの雰囲気でカバーしている。俺もヨシテツも大好きな一曲なんだが、なんとRENも好きなのだという。いつか演りたい。
 二番手の閃光ブルー。いや、カッコいい!トリオバンドってのは星の数ほどあるが、ただの衝動だけでないアグレッシヴさを出せるバンドってのはそうはない。ヴォーカル&ギターの橋本シン氏と自分の出番が終わったあと、俺の『邪道魂』Tシャツを見て「大仁田好きなんですか?」とバー・カウンターの後ろで声をかけてもらい、プロレスと音楽について(笑)少し話した。カッコいい大阪弁、を久しぶりに聞いた気がした。

 さあ出番だ。一曲目は「終わらぬショーにようこそ」。オープニング・ナンバーとして書いたのはもう三年前になるのか。歌詞の中に出てくる人が復帰してきたことが今年のニュースになってたもんなあ。やっと日の目を見てきた。そして「WeAreRock’rollBand」を経て「星が降る前に」。今回、バラードは外そうかという声があったが、「エヴァ」を先日観たためにどうしても歌いたくなり、むりくり入れてもらう。イメージは『カヲルとシンジが廃墟となったネルフ本部に横たわって見る満天の星空』である。なんのこっちゃ。今回、オフタイムはCHDとエヴァについて語りまくる(^_^;)
 さらに珍しく「星」の前にメンバー紹介を入れたのだが、出番直前の楽屋でメンバーと盛り上がっていた話題「子どもの頃、買ってもらえなかったものはなぜこんなに細かくディテールを覚えているのか」で、個人的にはCHDの「ゲームウォッチ」がはまったが、ヨシテツの「海底人8823」には観客が誰もついてこれなかった(大爆)しかしこういう話題をメンバー全員がMCするロックバンドは果たしているのか(~_~;)ほとんど気分は昭和のフォークシンガー(爆)ちなみにトール・ジョンが「グループサウンズのレコード」(!)で、タッチーは「ウルトラマンのソフビ人形(当時は怪獣と値段が違ったのだ)」メンバーの年齢構成がわかるってもんだよなあ…ドコモポイント
 そして今回唯一の近代文学シリーズ「羅生門」。今年はこの曲を復活させてよかった。芥川が描く平安時代と現代・平成日本はイヤになるほど共通項が多い。びっくりしたのはこの曲のサビ『るんるんだーれーか、教えてくれ〜』を一緒に歌っているお客さんが何人もいたこと。びっくりである。でも嬉しわーい(嬉しい顔)
 さて、檄!のあとは最近の定番「ロックマン」と「ブラフレ」の二連発。エリナとアモンをはじめ、歌ってくれるお客さんが多いのにはほんと感謝。ヨシテツのソロも、CHDのスラップも、今日は万全の態勢(笑)のタッチーのシンバルも、トール・ジョンの新兵器・ハモンドも冴えわたり、最高のエンディングを迎えることができた。後半戦への橋渡しはこなせたか?と思う。
 
 さてスリー・グレイシスに続いては、はじめてみる彩連さんのバンド。バンドで歌う彩連さんはよりパンキッシュで、もっと演ってほしいな。
 さあトリはスラムローズだ。ベーシストにご不幸があり、ギタリスト・シンヤがベースを弾いたが、ぐいぐいと押しまくるグルーヴは健在だ。新加入?のドラマー、シュウくんはボンゾばりだし。俺はキラキラした眼ででシンガーを見つめるアモンを肩車してステージ前へ。自慢じゃないがロックバンドのステージで子どもを肩車することにかけては俺は年季が入っているのだ(爆)ちゃんと本人に「どうしたい?」と聞いてから肩に上げてるし(ココ大事わーい(嬉しい顔))安全に安定させるのだ(^_^.)
 今年はまさにいろいろあったが、ナツキにはいろんな意味で世話になった。今回もプロデューサーとして、イイバンドを揃えてくれた。来年もよろしくパンチ

 今回、10年以上ぶりに会う人や、高校時代の同級生が彼女連れて初めて見に来てくれたり(今回の写真はHISAくんですひらめき)なべ珍をはじめとする今年の競演者の皆さん…いろんな人がこの暮れの押し詰まった中駆けつけてくれた。音楽は、ひととのつながりだ。
 来年も、ひとを大事に、音楽を続けていかれれば、と思う。
DSC_9845.JPG

12/29 四谷アウトブレイク HIRYUセットリスト

1.終わらぬショーにようこそ
2.We Are Rock’n Roll Band
3.星が降るまえに
4.羅生門
5.ユーアーロックマン!
6.Brother&Friends
DSC_9834.JPG
DSC_9774.JPG

<次回ライブ>
2013.1/4(金)13:30〜 アズハイム上大岡http://www.as-heim.com/home/kamiooka/『ジェイソン國分歌謡ショー』!
特別ステージではありますが、先方のご厚意で事前申請で観覧可能!

2013.1/9(水)20:00ごろ 木更津ハッピーハッピーhttp://kisarazu-happyhappy.com/ 弾き語りで登場!

1/14(祝) 横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/、またまた王様と共演、JSP登場!!

<特報!!>
ネットラジオ『ジェイソン國分の魂鳴りやまず』新年再開決定!!!

DSC_9728.JPG






posted by ジェイソン國分 at 21:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
HIRYUさんにはお世話になりっぱなし、そしてワガママ言いっぱなしで、本当にご迷惑と感謝の連続。

きっとこれからも迷惑と感謝の連続だろうと思いますが、共に…

来年は手のつけられないくらいもっと暴れましょう!

JUMPS!


Posted by NATSUKI at 2012年12月30日 23:14
お疲れ様でした!
昔から重度の仲間マニア(もはや治癒不能 笑)な俺としては、ライヴ観にいく事自体が当たり前なので、前日ぐらいまでSLUM ROSE主催だと知らなかったので(苦笑)、一緒に観られてラッキーな感じでした。

それに付けても2012年は本当にお世話になりました。5月のベースで共演&エクストラコールド(笑)に始まり、F.A.Dに富津にと呼んでいただき大感謝!です。

来年も早速1月から、とある企みが進行してますが(笑)、今年より更に面白い年にしたいと思っていますので、宜しくお願いします。
Posted by なべ珍 at 2012年12月31日 00:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。