2018年10月29日

大仁田師匠、復帰!

 あの後楽園ホールでの「引退試合」からまだ一年たってない…それで早くもこのタイトルで記事を書くことになろうとは(^_^;)…いや、でもこれでこそ師匠だ!

 それでも正直行くのを迷っていた俺だが、「待ってるぜえ、ありがとよ!」という天の声?が聴こえ(^_^;)行こう!師匠が俺を呼んでいるのだ!と勇んで調べると…チケットはソールドアウト。師匠、なんだかんだ言ってさすがです(^_^)さて、どーすんだよ、とは思うものの、当日券を求めて一路鶴見へ。そう、今日の会場は、あのプロレス漫画の金字塔、「1,2の三四郎」その続編「2」(ややこしいな)に於いて、我らが東三四郎がデスマッチ王・美鈴拳(モデルは誰がどう見ても大仁田(^_^;))とピラニア・デスマッチ(!)を闘ったあの「鶴見食品市場」だ!

 あれ?でも鶴見食品市場って、たしかなくなったんじゃなかったっけ?いや、師匠の試合だ、これは異次元空間から食品市場を持ってくるに違いない。
 …と、まあ「プロレス脳」になってしまった俺の眼前に現れた会場は…ココ(~_~;)

IMG_7486.jpg

なんか駐車場みたいじゃんかって?駐車場ですよ、某千葉県が本拠地の全国展開巨大スーパーマーケットの(^_^;)

でも、これこそインディーだ!邪道魂だ!

さて、チケットチケット、と当日券の長蛇の列(マジ)にちゃんと並んでいると…あ、コクブさんだーとの声が。おお、君は○○キッド、じゃない、USA江野沢くんじゃないか!こっちこっち、と招かれ、むにゃむにゃむにゃ。あ。俺のチケットだ(笑)
大仁田さん待ってますよ、とのキッドの声に、まずはめでたく師匠にご対面。

IMG_7490.jpg

試合開始。今回の団体はプロレスリングAチーム。申し訳ないが全然知らない。名称からたぶんアパッチプロレス軍の後継か。そうするとそのうち金村ゆきひろが復帰してくるのか。それはそれで愉しい(爆)でも今日の元々のメインイベントは高森啓吾というパンクラスにいた人の引退試合。いいのかなあ。なぜって?大仁田師匠は「全部持ってって」しまうからだよ。

 実際Aチームの試合はうーん、というものが多く、「大仁田枠」での黒田哲広vs佐野直がいちばんよかった。そしてダブルメインイベントの第一試合。高森さんは柔道家のようで、会場内には彼の先輩やご友人がたがたくさん来られる。みなさん柔道家なんだろう。そしてリングアナが高森さんの華麗な柔道の戦跡を読み上げる。そのたびに湧く客席。でも、怒られるかもしれないけど、俺はこの雰囲気には馴染めない。大声で飛ぶ野次にも醒めていく自分を感じる。だって俺はフィジカルエリートじゃないからね。高森さんがテンカウントゴングで泣くのも良くわかるし、たくさん拍手はするけど、でも俺にとっては「あちら側」なんだ。皮肉なことだが、だから今日俺はここにいるんだ。これから始まるのが、俺にとっての「こちら側」だ。

 さあ、いよいよだ。会場についたとき、横でこんなもんを作ってた(^_^)

IMG_7487.jpg

そこのけそこのけ「地雷」が通る(^_^;)

IMG_7495.jpgIMG_7499.jpg

そう、本日の試合形式は…「ストリートファイト・エニウェアフォール・電流爆破バット&有刺鉄線地雷ボードデスマッチ」だ。(あー書いてて楽しい)これが「地雷ボード」なのだ。

IMG_7501.jpgIMG_7502.jpg

そしてちょっとわかり辛いが、このコーナーポストのスイッチを押すと、下の「電流爆破バット」のスイッチが入る。なんだ、爆破って言ったって子どもだましじゃん、と思った方。それでは…試合開始!

IMG_7505.jpgIMG_7506.jpgIMG_7509.jpg

こ、これが電流爆破だ!うひゃひゃひゃひゃひゃ…あー楽しい(^_^)そして敵方の緑のシャツの男は、全盛期のアントニオ猪木と激闘を繰り広げた、かのタイガー戸口、そう、キム・ドクである!キムさん元気♪いくつなんだろ?

大仁田師匠登場!待ってましたあ!

IMG_7512.jpgIMG_7515.jpg

そして地雷ボードにはレザー・フェイス(友人・(笑))が落ちる。

IMG_7516.jpgIMG_7510.jpgIMG_7508.jpgIMG_7507.jpg

今回、正直言って、主催団体と会場の雰囲気からいって、小規模の「爆破」になるのだろう、と思っていた。でも、この地雷ボードは凄かった。轟音と熱風、そして煙。ああ、師匠、本気なんだな、と思った。

そして、一年ぶりの大仁田劇場。

IMG_7517.jpgIMG_7520.jpg

師匠は最後に深々と頭を下げ、こう言った。「心の底から、おまえらに、ありがとよ!」これでぐっときてしまう俺は馬鹿なのだろうか。

試合前に会った時、大仁田師匠はいつになくハイテンションで、俺に向かって嬉しそうにハグしながら「おう、おう、おう、ひさしぶりだなあ!」そして周りのスタッフを掴まえて「こいつ先生なんだよ!やってられないだろう!でも、友だちなんだよ!」これだけでも有難くて涙が出るんだが…あんまり何回も「ひさしぶりだなあ!」を連呼するので「後楽園ホール、行ったじゃないですか」というと、師匠はちょっと小声で俺に「ごめんね」と言った。

俺は気づいた。これがこの人なんだ。そういえば、復帰したら、後楽園ホールの引退試合のチケット代を全部返す!とか言ってた。俺も忘れてたくらいだから、きっと誰も覚えてないだろう(^_^;)でも、気にしているんだ。嘘つき!とか、とんでもないヤツ!とか言われて、ほんとうは傷ついているんだ。全身に細かく刻まれた彼の傷跡のように。でも、ステージ、いや、リングに上がると「鬼神のような虚勢」をはる。そこから彼の代名詞「俺は弱い!」が生まれるんだ。そしてそのあとに続く「でもな、俺は負けない」が。

あまたのインディーレスラーとの違いはそこだ。たいした必殺技もない。筋肉隆々なわけでもない。でも、きっとどんなフィジカルエリートと対戦しても彼は「負けない」だろう。そこに俺たちは共感し、夢を見るのだ。

師匠、まだまだよろしくお願いします(^_^)

そして…師匠、おかえりなさい!

IMG_7551.JPG

<ジェイソン國分 今後のライブ>

A2018.11.4(日)
大田区平和島太陽の広場特設野外ステージ
大田区民フェスタ
池タコスーパーバンド
ジェイソン國分一年ぶりにエレキギター弾きます!(爆)
…フェスの総合司会もやりますぜ(^_^;)

B2018.11.17(土)
横浜野毛サムズバー
吉例・ジェイソン國分生誕59周年記念祭!
HIRYU、ザ・ソウルキッチン、UFJが一堂に会す!
そしてオープニングはジェイソン國分&榎本響!
歌いっぱなしの三時間!

C2018.11.18(日)
千葉県君津・たびだちのむら
たびだちのむら秋祭り!

D2018.11.25(日)
小糸運動公園特設ステージ&リング!
小糸フェスタ
ジェイソン國分ボランティアライブの集大成!
そしてなんと…地元出身プロレスラー大和ヒロシ氏(ex.レッスル1)
のリングアナやります!

IMG_7522.jpgIMG_7567.JPG
IMG_7585.jpg
…師匠、確信犯ですな(^_^;)

posted by ジェイソン國分 at 23:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

木更津MICKは14周年

 表題のイベントに読んでいただき、HIRYUで出演してきた。毎年、この展開で読んでいただき嬉しい限り。昨日は最終日ということもあって、超満員。でも実はこのライブ、ちょいとした事情で、このブログ以外の告知をしなかった。そういうわけでブログ見て来てくれて写真撮ってくれたイオリくん以外、全員ほぼ初見のお客さま。

 でも盛り上がったんだよねー。とくに、前の席にちょこんと座っていた小学生の女の子が、手を叩きカラダをゆすってノリノリ、カッコいい!って言ってくれたのは嬉しかったなあ。

IMG_7579.JPG

あと、いちばん奥の席に座られていた、感じのいい大先輩のご夫婦。大きく手を叩いて、楽しんでおられた。

ここのところ、MICKにはフォークジャンボリーの出演が多く、あまりバンドででていない。そこで俺のソロを見てくれていたお客さんが、「バンドだとこういう風になるんだろうと思ってた」と言ってくれたのも嬉しかったす。

 この日はマスターがちょっと調子を崩していて、心配した。来年は15周年、お元気で続けてほしいす。

IMG_7476.jpgIMG_7574.JPGIMG_7580.JPGIMG_7577.JPGIMG_7578.JPG

2018.10.27
木更津MICK開店14周年記念イベント
HIRYU セットリスト

1.We Are Rock’nRoll Band
2.長き旅から
3.アイスプラネット
4.祇園精舎
5.ロックンロールが鳴り止まない

IMG_7473.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

A2018.11.4(日)
大田区平和島太陽の広場特設野外ステージ
大田区民フェスタ
池タコスーパーバンド
ジェイソン國分一年ぶりにエレキギター弾きます!(爆)
…フェスの総合司会もやりますぜ(^_^;)

B2018.11.17(土)
横浜野毛サムズバー
吉例・ジェイソン國分生誕59周年記念祭!
HIRYU、ザ・ソウルキッチン、UFJが一堂に会す!
そしてオープニングはジェイソン國分&榎本響!
歌いっぱなしの三時間!

C2018.11.18(日)
千葉県君津・たびだちのむら
たびだちのむら秋祭り!

D2018.11.25(日)
小糸運動公園特設ステージ&リング!
小糸フェスタ
ジェイソン國分ボランティアライブの集大成!
そしてなんと…地元出身プロレスラー大和ヒロシ氏(ex.レッスル1)
のリングアナやります!

IMG_7478.jpg
posted by ジェイソン國分 at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

リバーエンド・カフェ

 久しぶりに石巻のマナミちゃんよりメッセージが届いた。
「石巻を舞台にした漫画があるんです。ちょこっとだけだけど取材に協力したんです。よかったら読んでみてください」

 それが表題の作品。なんと、かの「迷走王ボーダー」「大川端探偵社」の作画家・たなか亜希夫氏の作品ではないか!そしてなんとなんと、田中氏は石巻の出身だそうである。だから、表現がきちんと、しかし過剰にならない落ち着いた筆致で「あのときの」石巻も描かれている。そして、主人公をはじめとする登場人物たちが「あのとき」と「あれから」にどう向き合っているかも丁寧に描かれている。

 いじめられっ子の女子高生(このいじめの表現がまた、リアルであり過剰ではない)不思議なカフェの謎のマスターと出会い、そこに何かを見出す話だ。もちろん、狩舞麻礼氏は逝去されているのでこの作品はたなか氏独りで書かれているわけだか、いたるところに「ボーダー・テイスト」が出てくる。それは主人公がいじめに遭う原因となる描写等に顕著なのだが、マスターは本人の非も認めた上で「でもなかなかいいぞ。悪くない。それが真実だからだ。思ったことを口に出すのは自由だ。自由には困難が付きまとう」
 その通りだ。「あちら側」の感性ばかりにつきあってはいられない。

 大川地区(そう、あの小学校があったところだ)、蛇沼伝説、針岡地区の羽黒神社…全部ほんとうにあるところだし、ほんとうにあったところだ。そこを仮名などにせず、丁寧に描いてゆく。
 たなか氏のボーダーテイストに期待してやまない。

 マナミちゃんのメッセージには、可愛い絵文字とともに、こう書いてあった。「主人公の女の子が、ちょっとあたしに似ているんです」(^_^)そうでしょう、そうでしょう(^_^)でも俺のココロを惹きつけたのは、次の一文だ。
 
 「そしてマスターは、お父さんにちょっと似ているんです」

 矢沢の大ファンのマナミちゃんのお父さん。いつもビンビンにリーゼントで決めていたと聞いている。リバーエンドカフェのマスターとは、もちろん髪型は違うけど…きっと、こういうホンモノのカッコいい男だったんだな、と思いを馳せた。“蛇田の永ちゃん”トシカズさん。お嬢さんはこんなに大きくなりましたぜ。

  石巻のみなさん、また行きますぜ。

↓石巻訪問についての過去ログ

http://jasonk.seesaa.net/article/284687240.html

http://jasonk.seesaa.net/article/285358839.html

http://jasonk.seesaa.net/article/436502822.html

http://jasonk.seesaa.net/article/445566910.html

http://jasonk.seesaa.net/article/445625032.html

リバーエンドカフェ@.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.10.27(土)
木更津MICK http://may0925.blog.fc2.com/
MICK13周年記念LIVE
HIRYU参上!

A2018.11.4(日)
大田区平和島太陽の広場特設野外ステージ
大田区民フェスタ
池タコスーパーバンド
ジェイソン國分一年ぶりにエレキギター弾きます!(爆)
…フェスの総合司会もやりますぜ(^_^;)

B2018.11.17(土)
横浜野毛サムズバー
吉例・ジェイソン國分生誕59周年記念祭!
HIRYU、ザ・ソウルキッチン、UFJが一堂に会す!
そしてオープニングはジェイソン國分&榎本響!
歌いっぱなしの三時間!

C2018.11.18(日)
千葉県君津・たびだちのむら
たびだちのむら秋祭り!

D2018.11.25(日)
小糸運動公園特設ステージ&リング!
小糸フェスタ
ジェイソン國分ボランティアライブの集大成!
そしてなんと…地元出身プロレスラー大和ヒロシ氏(ex.レッスル1)
のリングアナやります!

リバーエンドカフェA.jpg
posted by ジェイソン國分 at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。