2018年04月28日

ラプソディ 〜RCサクセションが流れてる

 やはり最近帰宅するとバクレツに眠くなってしまうので、なかなか平日にアップできない。寄る年波である(T_T)

 そんな中、最近また清志郎をよく聴く。たしか5/2がご命日だった気がする。というわけで、今から書くのは2010年11月のこの記事http://jasonk.seesaa.net/article/169404680.htmlとこの記事http://jasonk.seesaa.net/article/169867428.htmlの続きだったりする(^_^;)
 
 「新生」RCサクセションの実質的デビュー作「ラプソディ」。ラプソディとは「狂詩曲」で、「気分のままに自由に曲を演奏すること」だから、これほど当時のRCを表すのに絶妙なタイトルもないだろう。このアルバムはライブアルバム。清志郎は「ライヴの勢いをそのまま出した方がいい」と考え、さらにスタジオ録音で音をいじられることを嫌っていたため(次の「プリーズ」はまさにそうだった)今はなき久保講堂!でのライブが録音された。
 当時のRCは渋谷屋根裏四日連続で500人動員(当時の屋根裏を知っているとこれがいかに凄い数だかわかる)し、まさに破竹の勢いだ。

 俺がこのアルバムを聴いていて大好きだった、いや、今でも大好きなのは「よォーこそ」だ。要するにライブのオープニングで、メンバー紹介の曲なのだが、のちに出る本作の完全版ともいえるライヴ・アルバム『RHAPSODY NAKED』に完全収録された仲井戸“チャボ”麗市によるオープニングMC
「イエー!イエー!イエーって言ってりゃいいってもんじゃねえぞコノヤロー!」から始まる、まさに「日本のロックがここから始まるぜ」という、昂揚感溢れるスタートにふさわしい曲だ。

 ♪ラーメン食うしか〜いや違った(^_^;)「ギター弾くしか能のないヤツさ 古くからのオイラのダチさ」とか「気の合うヤツなんてそうざらにいるもんじゃないぜ だけどコイツならと オイラ目をつけた オイラと組まないか? ヘイ、ドラマー!」とか、バンドを始めた若者がもうワクワクするしかないような歌詞を清志郎が叩きだすさまは、年寄りになった今もココロ奮い立てられるものがあるんだ。

「バンドマン、歌ってよ」と歌う表題曲「ラプソディ」のように、ヒットした?「雨上がりの夜空に」以外にも、たくさんのぐっとくるナンバーが収められた最高のアルバムだ。まさに「魂は伝達可能@ボーダー」なんだ。

たくさんのバンドマンや、そしてバンドマンじゃない人たちに、魂が伝達できたらいいな、と思っている(^_^)

RC壱.jpg


<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!



C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!
posted by ジェイソン國分 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 後編

 さて、シン・新生HIRYUが登場する後編である。
 
 何回新生するんだ、という声があちこちから聞こえてきそうであるが(^_^;)バンドは生きものである。そして、今回は…非常に手ごたえを感じている。

 今回新加入の鍵盤奏者・やまこ姐さんは、ベーシストUWFの旧知の人物で、「ロックな鍵盤」として名高いプレイヤーである。前任のトモエがまさしく「ギリギリまで頑張って」埋めてくれていた穴を、一気に形作ってくれた。それは、このメンバーで作った新曲「祇園精舎」(!)に、色濃く表れている。今回のステージを観たあるお客さんが「これこそHIRYUのサウンドである!」という意見をくれた。俺は、これこれがHIRYUのサウンドである、という明確なビジョンを、実は持っているわけではない。そうなると、それは、俺のキャパシティだけで終わってしまうからだ。

 繰り返すが、バンドは生きものだ。メンバーひとり替わっただけで、全然違うサウンドになる。そこには、ある種の化学反応と、マジックが存在する。それは、俺のキャパシティどころか、いろんな制約を遥かに凌駕する。だから面白いのだ。
 リハーサルの雰囲気もずいぶん変わった気がする。俺のひとつの理想形?は、「三人の職人と二人のキ○ガイ」なんだけど(^_^;)ちょっとその辺が実現できそうだよ(^_^)

 今回、いつものリポート形式でなく、こんな感じで綴りたくなった。まー、ライブからだいぶん時がたっちゃった、ってのも、あるんだけど(^_^;)、何というか「バンドで歌いたい原点」に久々に立っているキモチなんだよね。

 さて、シン・新生HIRYUの次回ステージは、ずっと立ってみたかった、横須賀の老舗ライブハウス、元は映画館の「ヤンガー・ザン・イエスタディ」である。盟友・酒井なるひろの新バンドと、あの「ザイブス」との初共演にもなる。ある意味、アウェイ感は満載なんだが(^_^;)、そのアウェイ感がたまんないんだよね。是非ともお客さんに総立ちになっていただくべく、今からワクワクしているんだ(^_^)

resize15383.jpgresize15386.jpgresize15390.jpgresize15401.jpgresize15405.jpgresize15419.jpg

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 セットリスト

ジェイソン國分

1.リクエストコーナー
(佐野元春「アンジェリーナ」「サムディ」スピッツ「空も飛べるはず」ブルーハーツ「リンダリンダ」他)

UF&J

2.万物流転(頭脳警察)

YF&J(笑)

3.羅生門

榎本ヒビキ

4.HAZE

榎本ヒビキ&ジェイソン國分

5.デスペラード(イーグルス)
6.人間の証明のテーマ(ジョー山中)
7.銀河旋律

榎本ヒビキ

8.Piace To Be

HIRYU

9.We Are Rock’nRoll Band
10.アイスプラネット
11.祇園精舎(新曲=W/ジェイソン國分、M/伊佐ヨシテツ)
12.ビールを飲もうぜ
13.ロックンロールが鳴り止まない

アンコール
14.今夜はオールナイトで

resize15430.jpgresize15441.jpgresize15435.jpgresize15457.jpgresize15467.jpgresize15487.jpgresize15494.jpgresize15493.jpgresize15500.jpgresize15512.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!

IMG_6567.JPG

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

resize15359.jpgresize15300.jpgresize15521.jpgresize15524.jpgresize15526.jpgresize15533.jpg


resize15558.jpgresize15562.jpgresize15295.jpg


resize15621.jpgresize15625.jpgresize15628.jpg
posted by ジェイソン國分 at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 前編

 すっかりご無沙汰してしまいました。三月〜四月は、どの仕事もそうだと思うんだけど、かきいれどきでね(^_^;)さらに宴席が連続して…(爆)

 さて、タニムラ氏がせっかく写真を送ってきてくれたのに、まずはこのリポートを書かねば申し訳ない。

 三月のサムズバー、毎年、何かスペシャルなことが起こるのだが…この日は感慨深いものがあった。

 まずはリクエストコーナーから。

resize15282.jpg

この日はお客さまのご協力(これが大切(^_^;))もあり、佐野元春、ゴダイゴ、などまことにイイ感じで。んで、せっかくフレディ飯田が叩いてくれているので、ここはUWFを呼び込んで突如UF&Jで「万物流転」を(^_^)

resize15290.jpg

この日は「恩師」がご来場されていた。これは、「近代文学シリーズ」をやらねば申し訳ない。そこでヨシテツを呼び込んで久しぶりの「羅生門」を。YF&Jである(爆)

resize15693.jpgresize15724.jpg

さて、大スペシャルな第二部。15歳の「天才」ピアニスト、榎本ヒビキ登場である!!

resize15321.jpg

 せっかくのゲスト出演なので、まずは上原ひろみの「HAZE」から。上原ひろみを弾きこなす、ってことだけでお分かりになる方はお分かりになると思うが(^_^)この若干15歳のジャズピアニスト、何が凄いって、「ピアノ習ったことない」のである!!!一之瀬カイである。ピアノの森である(^_^)

resize15324.jpg
 
いや、ほんと、出会いってのは奇跡だよね(@鹿児島のクボくん)。

そこで、ピアニストとやるときの俺の定番、イーグルスの「デスペラード」から。

resize15334.jpg

 そして、ジャズピアニストとやれる日が来たら、この曲を演りたかった!なんでだ、という声が聞こえてきそうだが…ジョー山中の「人間の証明のテーマ」(^_^)

 この曲、俺が15歳の時だったと思う。西条八十の「帽子」を角川春樹氏が「直訳した」歌詞。15歳のヒビキと演るにはうってつけ。そして彼は西条八十を知っているだけでなく、この小説の舞台になった「キリズミ」にも行ったことがあるのだという。そんな話をしながら、ヒビキくんのお父上がこの曲を絶賛してくれたのがホント嬉しかった!(^_^)

resize15327.jpg

 さあ、ヒビキと演る最後の曲は…「銀河旋律」!この演劇の原作者の方に曲を書いて歌う許可を再度戴いたのだが…なんと、ここで嬉しいニュースがある。これはまた、決定したらお知らせしたい。

 さて、この曲、昔のバージョンとも、ザ・ソウルキッチンバージョンとも違う、ジャージーなアレンジをヒビキが施してくれ、後半の32小節に渡るソロプレイは素晴らしかった!

resize15355.jpgresize15360.jpg

そしてヒビキのラストは、やはり上原ひろみの「Place to be」。観客からため息が出る。もー國分要らないんじゃないかという意見が出る(爆)

そりゃそーだよなー。
ヒビキの登場にご理解とご協力を頂いた、カトウ先生と、そして何より保護者の方に深い感謝の意を表します。ありがとうございました<(_ _)>

さて。ご両親も喜んで頂いたので、HIBIKIとの再演は叶いそうである(^_^)。
せっかくなので(^_^;)、15歳と言えば、今日シモキタまで出向いて公演を表敬訪問してきた「あの彼女」(今日の記事のどっかにヒント)にご登場願って、「夢の共演」を果たさせたいなあ。あ、勿論、俺も歌うかんね(^_^;)
なに?要らない?(爆)


やはり長くなってしまったので、後編「シン・新生HIRYU編」に続く(^_^)

resize15409.jpgresize15433.jpgresize15462.jpgresize15466.jpgresize15431.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!

IMG_6567.JPG

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

IMG_6603.jpg

posted by ジェイソン國分 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。