2016年07月21日

RYO ISHIBASHI SOULFUL CARNIVAL

昨日、7/20は…かの石橋凌氏のおたんじょうび。

RYO ISHIBASHI SOULFUL CARNIVAL、と題されたライブが行われた。これは、RYO氏の敬愛する、そして敬愛された(^_^;)ミュージシャンが集まったまさに「カーニバル」だった。

演奏時間は全部で四時間!休みなし!うーむ見習わねば…(^_^;)

そん中で特に凄いのは全40曲すべてを叩く池端潤二!なんでかっていうと「石橋凌バンド」は途中お休みがあるんだけど、彼だけがひとりドラムセットに残り、そして、ギターに花田裕之、ベースに井上富雄!そう、「あのバンド」である(^_^;)

この三人をバックにBJCの浅井健一やMGEのチバユウスケが「かのバンド」の曲を歌っちゃうわけだ。豪華である。まあ、ちょっと「Boys&Girls」がブルージーではあったが(^_^;)

でも、RYO氏はやはり、「かのバンド」の三文字は絶対口にしなかった。TSSの土屋公平が「ワイルド・ローティーン・ガール」演っても、だ(^_^;)(この歌は今聞くとヤバい(^_^))

こないだのときは寂しかったのだけど、このこだわりは逆に「またやるのではないか」と思わせるものだった。うん。かのバンドのメンバーは誰一人来なかっただけに、逆にそう思ってしまったんだ。

さて、なんといっても一番凄かったのはサンハウスの“菊”こと柴山俊之氏。御年69歳だそうだ。あの頃とおんなじオレンジの神に上半身裸!
そんでもって鮎川誠がギターを弾いて「俺のこーわーれた蛇口かーら、吹き出る不純な飲料水♪」で「俺の仇名はキングスネーク、暗くて湿った穴倉に♪」である。

彼には「赤○げ薬局」は必要ないに違いない(^_^)

<ジェイソン國分 ライブスケジュール>
B7/22(金)
横浜野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
ジェイソン國分&ザ・ソウル・キッチン

C7/24(日)
横浜FADhttp://www.fad-music.com/fad/
ジェイソン國分&ザ・ソウル・キッチン
※久しぶりの「王様」との競演です(^_^)

D8/6(土)
鶴見潮田・潮田公園納涼祭
「お祭り騒ぎ倶楽部バンド」(ショウ獅子丸・酒井なるひろ・ジェイソン國分vo.g.bフレディ飯田per)

E8/19(金)
鶴見潮田・お祭り騒ぎhttp://r.gnavi.co.jp/gcyu5xke0000/

F8/27(土)
「新・富津のいちばん熱い日」開催決定!
富津公園野外大音楽堂
詳細近日発表!

G9/18(日)
池タコ倶楽部ライブ・祝50回記念
蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
新生HIRYU推参!
posted by ジェイソン國分 at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする