2016年04月29日

ハヤブサさんのこと。

 ハヤブサ。第二期FMWのエースとして、華麗なる空中殺法で団体のエースとして君臨。当時の怒涛のプロレスブームの中にして、かの絶対インディー嫌いの長州力が「長州さん、インディーにもいい選手いますよ」「誰がいるってんだよ」「ハヤブサがいるじゃないですか」「ほら『あいつしかいない』だろ」という、会話がなされたという、わかんない人には絶対わからないが、これは凄いことなのだ。

 そして2001年10月22日。ハヤブサは試合中の事故で頸椎を損傷。全身麻痺という、矢口壱琅さんによると「四日後にお見舞いに行ったのだが、眼しか動かせなかった」という事態に陥る。
 これはとんでもないことだ。後に本人から「自分で死ぬこともできないんですよ、ジェイソンさん」と言われたが、何も返答することができなかった。

 彼がまだハヤブサではなかった頃、ちょうど俺は大仁田師匠がK高校の文化祭に来てくれた時期で、師匠との交流ができ、小躍りしてた頃だった。
 「木更津倉形スポーツ会館」という、もーなんつーか、ひなびた、というとカッコ良すぎる「ドサ」という言葉がぴったりの会場(^_^;)が当時あって、俺は早めに会場について、差し入れの麦酒を浅子さん(彼も故人だ…)に渡したりしながら、タイトンとグラジエーターの柔軟とか見てたんだ。

 そのとき、長身の筋肉隆々の若者が現れた。「あ、江崎だ」俺は彼のファンである連れと一緒の写真を撮らせてもらった。その日は、明くる日から「ハヤブサ」としてメキシコ遠征に向かう、素顔の江崎英治としての最後の試合だったんだ。そのときの江崎氏のなんともいえない笑顔の写真は、いまでも家に大切にとってある。

 事故から8年後…池タコSHINから、ハヤブサさんが蒲田オッタンタで歌うから、共演しないか、と声がかかる。「ハヤブサが…歌?」俺はそのときまで全然知らなかったが、ハヤブサさんは「首から下が動かなくったって、歌えるじゃないか」と決意。「史上最強のミュージシャン」矢口壱琅氏を相棒に、シンガーソングライターとして活動していたんだ。

 光栄な共演を果たし、矢口さんとも交流ができた俺は、蒲田在住のハヤブサさんと時々飲むようになった。ハヤブサさんは、車椅子から立ち上がれるまでに回復しており、それはまさに「奇跡」と呼べるものだった。その姿は、地道な、そして過酷なリハビリを積み重ねたもので、やたらといろんなことに挫けそうな俺に「なにやってんすか」と無言のハッパをかけてくれるものだった。

 そして昨年12月。横浜野毛サムズバーで矢口壱琅バンドをバックにハヤブサさんが歌うという。駆けつけた俺と終演後に乾杯したハヤブサさんは、にっこり笑って握手してくれた。その握力は、びっくりするほどしっかりしたもので、蒲田で再会した7年前には考えられないものだった。
 すげえ。この人だったら、ほんとに再起してリングに立つのだろう。そう確信させる握手だった。

 それからたった三ヶ月。不死鳥ハヤブサは、天国に舞って行ってしまった。

 お別れ会に出席してきた。新崎人生氏、矢口壱琅氏、ミスター雁之助氏という、これ以上ない三人がこれ以上ない順番で弔辞を述べた。そのときの矢口さんの
「あいつは怪我をしてからも、ずっとずっと、最後の一瞬まで、プロレスラーだった。負けても負けても、倒れても倒れても、何回でも挫けずに立ち上がるのがプロレスラーだからだ」

 俺は、プロレスファンでいてよかったと思った。

 下に、最後に会ったときの写真を載せようと思う。でも、最後まで「ハヤブサ」を全うした彼の、素顔の写真を載せるのは違うかな、と考えた。しかし、拙文を書いているうちに、彼の「いいよジェイソンさん。かまわないよ」という優しい声が聞こえてきた気がした。不死鳥ハヤブサの、最高の笑顔と最高の握手を載せようと思う。

 ありがとう、ハヤブサさん。あなたのことを考えたら、まだまだ挫けるわけにぱいかないよな。昨日、ちょっといろいろあって肋骨が三本ほどいっちゃったんだけど、こいつもプロレス的には怪我のうちには入らないよな。「リングに上がれる」ことは幸せなことなんだ。あなたがそれを教えてくれた。

彼の名セリフで今日を締めくくりたい。

『お楽しみはこれからだ!』

resize3017.jpg
resize3022.jpg
resize3023.jpg


resize3024.jpg

<ジェイソン國分 ライブスケジュール>
@4/30(土)木更津MICK http://may0925.blog.fc2.com/
MICKフォークジャンボリー
ひとり二曲(^_^;)22:50!?登場予定(^_^)

A5/4(水・祝)大田区池上・スター楽器ホール
大田区と宮城県松島市「絆」音楽祭
※収益金は全額松島市コーラス団体に寄付
ジェイソン國分&ザ・ソウル・キッチン(ロージー松木g、ヒデキロボ98号b、テペペ西口dr)
11:30登場!

B5/8(日)アズハイム川崎中央(高齢者介護施設)
ジェイソン國分歌謡ショウ!

C5/15(日)日吉Nap
※詳細未定

D5/21(土)横浜野毛サムズバーhttp://www8.plala.or.jp/samsbar/
19:30スタート予定
出演:ジェイソン國分vo、ヨシテツg、UWF田村b、MASAKIdr(ex.EDGE、カルミナ)

E5/22(日)アズハイムいずみ中央(高齢者介護施設)
ジェイソン國分歌謡ショウ!



posted by ジェイソン國分 at 23:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする