2016年04月11日

史上最大のリクエストショーふたたび

 ずっと懸念だった、東日本大震災の被災地・宮城県石巻市に三月末に行ってきた。三年半ぶりである。ほんとは毎年行こうと考えてたんだが…とある事情、そして当時のメンバーの意向からバンドでいくことにこだわっていたために、実現できていなかったのだ。当初、すぐに許可がでるだろうぐらいに考えてたんだが、全然ダメで、今現在でも許可がおりていない。というか「バンドは絶対にダメです。おひとりなら、以前の実績もあるので歓迎しますので、ひとりできてください」とけんもほろろに断られる状態。当時一年がかりで交渉したのだが、先方の語気は強まるばかりだった。

 今回、向こうで市復興課のNさんから詳しい事情をお聞きした。
 2011年の震災直後、たくさんのバンドが機材を担いで現地に「支援」と称し、バッテリーにアンプを繋ぎ、瓦礫の上で昼夜かまわず路上ライブを繰り広げたのだそうだ。「はっきりいってうるさいだけでした」Nさんの表情から、当時の状況が垣間見えた。

 ボランティアの難しさを考えた。おそらく、そのバンドの人々も悪気はなかったのだと思う。でも、当時の被災地の人たちが欲していたのは、そういうことではないと考える。
 俺がオモテの仕事の「教育支援隊」として初めて石巻を訪れたのは震災直後の七月末。何がいちばん驚いたかって、見渡す限りの瓦礫や、何もなくなった海岸線ももちろん目を奪われたけど、それはテレビで予期していた。メディアで絶対に伝わらないもの…それは臭い。当時はとても書くことはできなかったが…この中で仮設住宅で暮らされている人たちは…
 そんな状況の中、もくもくと住宅のがれきを片付けているボランティアの若者たちもいて、あわてて手伝ったけど、一日たっても一軒終わらなかったんだ。

 今回、なんとか三月中に行きたかったのは、震災の一年後、2012年に俺をシンガーとして呼んでくれたMちゃんが中学校を卒業してしまうので。彼女は当時小学六年生。仮設住宅のNGOに働きかけてくれ、小さな手作りのステージとマイクシステムを用意してくれていた。
 中学生になったMさんは生徒会の副会長に当選し、俺のバンドを呼ぶために尽力してくれていた。その想いにこたえねばならない。

 この一年「ジェイソン國分歌謡ショー」としてのボランティアステージはなんとか行ってきた。というか、おかげさまで増えている(^_^;)
 この展開なら、石巻の人たちも喜んでくれるのでは、と。

 そして下記の展開に。おかげさまで、ラストの430人(復興課発表)が大合唱してくれた「上を向いて歩こう」は鳥肌ものだった。

 いろんなことを考えて、この活動は続けていきたいと思う。

 そして最後に。往復の車の運転を買って出てくれ、三年ぶりにコンビを組めた「ポケモン・マスター」Sくんに、最大の感謝を。ほんとうにありがとう。最高だぜ。
石巻1.jpg

ジェイソン國分歌謡ショー 宮城県石巻市 H田小学校体育館

第一部
1.伝説の夜のために(Jason_K)

2.青葉城恋歌(さとう宗幸)

3.北国の春(千昌夫)
4.知床旅情(森重久弥)
5.高校三年生(舟木一夫)
6.星影のワルツ(千昌夫)
7.銀座の恋の物語(石原裕次郎)
8.夜霧よ今夜もありがとう(石原裕次郎)
9.まつり(北島三郎)
10.川の流れのように(美空ひばり)

11.魂こがして(ARB)

12.未だに魂は(Jason_K−Go Matsuki)

13.天空の宴(Jason_K−Go Matsuki)

第二部
14.ウルトラマンのうた
15.ウルトラセブンのうた
16.帰ってきたウルトラマン

17.テイク・ミー・ハイヤー(ウルトラマンティガ)
18.ウルトラマンダイナ
19.ウルトラマンガイア!

20.ウルトラマンキッズ!

21.レッツゴーライダーキック(仮面ライダー)
22.仮面ライダーV3
23.仮面ライダーX

24.仮面ライダーウィザード
25.仮面ライダーオーズ
26.仮面ライダーゴースト

27.めざせ!ポケモンマスター(Sings コウスケ・スズタ)

28.美少女戦士セーラームーン
29.恋するフォーチュンクッキー(w/マナミ)(AKB48)
30.サクラ咲け(w/マナミ)(嵐)

31.恋の列車はリバプール発(矢沢永吉)
32.トラベリンバス(矢沢永吉)
33.サブウェイ特急(矢沢永吉)
34.アイラブユーOK(矢沢永吉)

35.長い旅(矢沢永吉)

36.今夜はオールナイトで(Jason_K)

37.ロックンロールが鳴りやまない(Jason_K−Yoshitetsu)

第三部(アンコール)

38.ヨコハマで乾杯!(石巻バージョン)(Jason_K)

39.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
40.海岸通(風)
41.なごり雪(かぐや姫)
42.春夏秋冬(泉谷しげる)

43.襟裳岬(吉田拓郎)
44.人生を語らず(吉田拓郎)
45.雨上がりの夜空に(RCサクセション)

46.お前が大きくなったとき(かぐや姫)

47.ケ・サラ(カンツォーネ)

48.上を向いて歩こう(坂本九)


posted by ジェイソン國分 at 01:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする