2015年01月23日

横濱ロックンロール・サミット

 スケアクロウズのミッツと念願のサシ“会談”。夏から「やろう!」と言ってたのだが、なんといってもミッツは「働くブルースマン」の代表選手だ。俺のオモテの仕事と予定がなかなか合わずに、この時期となった。

 まー当然お互いのバンドの話がその大系を占めるわけだが…お互いのバンドについての考え方、音楽に対しての姿勢が吃驚するほど似通っていることに驚いた。もー、聖地・野毛で盛り上がりまくる。

 そう、今日の「サミット開催地」は、かの「孤独のグルメ」にも登場した野毛の名店、「第一亭」だ。なぜか瓶ビールを頼むと「キリンラガー」と「キリンクラシック」が交互に出てくるという不思議な展開(^_^;)に合わせて、絶品の「チート」や「ミミ」を肴にブルース・トークは盛り上がるのだ。
 さて、そこで以下の写真。

第一亭.JPG

な、な、何で歌ってんだ、という感じだが(^_^;)、第一亭のマスターは音楽好きで、野毛をテーマにしたオリジナルソングを持つシンガーなのである。そこで、お客さまのリクエストで「横浜ホンキートンクブルース」を歌ってたとこに、ちょいと私コーラスで絡みましてね(爆)廻りのお客さまが「そのまま一曲!」というので「横浜ホンキートンクブルース〜第一亭バージョン」を勝手に作詞して歌ったら喝采を浴びましてね(笑)
(なんとなく想像つくと思うけど「♪メシを食うなら第一亭なんて〜 きいた風なことを抜かしてた〜 チートとパタンが好きな女さ〜 とやったわけで(^_^))
 もーそのまま「ヨコハマで乾杯!〜日ノ出町バージョン」を歌う展開に。

 マスター(下段)もたいへんに喜んでくださったので、思わず「正体を明かす」(^_^;)。いや〜嬉しかったな〜

第一亭マスター.JPG

 さて、今回の会談で俺はとある「リクルート」を試みた。実現、そして成功すれば嬉しい限りだ。

第一亭ミッツ.JPG
posted by ジェイソン國分 at 00:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする