2014年12月31日

2014年を個人的に回顧する

 いよいよあと数時間で今年も終わり。恒例企画、巷の重大ニュースはそれとして、このブログでの話題で2014年を回顧していきたいと思います。


1月 Jason’s Gate復活!

 …ゲイト名義では二年ぶりのステージ、元EDGEのAndoとササキトモエを加えて華々しく復活!…したんだが、ご存じのようにとある事情で9月にJSPもろとも活動停止に(~_~;)よいメンツだと思ったんだけどなあ。昨日も書いたがスケアクロウズも分裂。でもバンドは「ひと」が演ってるものだから、いたしかたないことはある。俺は足らないメンツをPCで補ったりしてるのはバンドじゃないと思ってるんだ。だからこそ、「ロックするのはすぐできる。大事なのはロールだ」(@キース・リチャーズ)というキモチにより一層磨きがかかるんだ。

IMG_1402.JPG
DSC02922.JPG



2月 スラムローズ15周年記念ライブに出演

 友人のバンドながらこれは嬉しかった。ナツキとは二年越しでいろいろあったのでひとしお。二年観ていなかった間にスラムローズはとんでもねーモンスターバンドになってた。「負けちゃいられねえ」と思えるのは嬉しい。そう、今年はHIRYU結成35周年。サムズバーでのHIRYUワンマン、とかばんばんやってたんで、記念ライブは来年に棚上げになったが(^_^;)「36周年」としてバッチリ演りますのでヨロシク(^_^)

DSC03291.JPG
DSC03346.JPG
DSC03340.JPG


3月 ロ、ロ、ロ、ローリング・ストーンズ!!!

 大師匠たち、7年ぶりの来日!もー、必死でやりくりして三回とも行きましたがな(^_^;)年末にボビー・キーズ(ストーンズのステージに欠かせないサックス奏者。「ブラウンシュガー」での名演が有名)が亡くなったんだよね。来日したときに「70歳超えてる」ことばかり話題にされてたけど、一度演奏が始まってしまうと、もーそんなことは関係ない。史上最大のロックンロールが鳴り響く。かの布袋寅泰氏をしてただのロック小僧に戻してしまうストーンズのパワーは絶大。
 個人的には「息子とストーンズを観に行く」夢が叶ったのも嬉しい。思い残すことがどんどんなくなっていきますなあ(^_^;)

 report20140226_01.jpg
600_h.jpg
DSC_1058.jpg
  

4月 初の埼玉野外! 水仙と菜の花ライブ!

 プロデューサー・Andoの招聘で150km離れた吉見運動公園へ。ジェイソンズ・ゲイト名義のアコースティック編成。早い話がRENとのデュオ(^_^;)。リクエストコーナーを駆使して初めてのお客さまに喜んでいただいた(^_^)
 でもこの日の白眉は長豚剛さんに会えたこと。大病を患い、半身が麻痺しても必死のリハビリを重ね、このステージに戻ってこられた。まことに身が引き締まる思いだ。俺はこうやってひととの出会いで生かされているんだ、と痛感する。

DSC03924.JPG
DSC03923.JPG



5月 リアル・リバース・エッジ

 俺のフェイバリット漫画「大川端探偵社」がオダギリジョー氏主演で実写化。深夜ドラマの真骨頂、毎週楽しみだった(^_^)オダジョーだけでなく、石橋蓮司氏の所長はもうこれしかないだろう、という感じで。俺は原作よりも大活躍するメグミちゃん役の小林麻耶嬢が良かった。最近、くだららねーことでマスコミに騒がれてっけど、くじけないで頑張ってほしいな。
 その聖地、浅草を訪れ、ドラマにも登場する初音小路の「かずちゃんの店」のママ(昭和元年生まれだぜ!)に気に入っていただき(^_^;)名刺を戴く。今でも訪れると「おう!おにいちゃん、元気だったが?こっち来いよ」と言っていただく。最近、大先輩に可愛がっていただくのが、ホント嬉しいんだ(^_^)

大川端探偵社 予告.jpg
大川端探偵社 三人.jpg
かづちゃんの店のママ.JPG
名刺.JPG
永樂.JPG


6月 キカイダー、そしてファースト・コモンズ、ReBOOT!

「キカイダー・リブート」は今年の映画の中で間違いなくNo.1だと思うんだが…ぜーんぜんヒットしなかったんだよなあ。これじゃあ「01」はできないなあ(~_~;)
 そこでファースト・コモンズ。このときのTKKRライブがきっかけで生まれた「神奈川県軽音楽連盟顧問大合同ライブ」(1/12!)に出演決定。そう、軽音楽部顧問の矜持として、生徒たちから「先生、頑張って~」なんて言われてちゃダメなのよ。高校生の度肝を抜かねば。12月の「憧れの男」シリーズで書いたけど、大人は子どもの憧れの存在になんなきゃダメなんだ。今回の選曲、もう書いちゃうけど、一曲はストーンズ、もう一曲は…スミマセン、「今年の」と以前書いたけど、「四年前の」ワールドカップのテーマソングでした(^_^;)。 そうです。あの、実力派女性ヴォーカルの曲をシャウトしちゃいます。しかし俺ってスポーツ疎いなあ(^_^;)

キカイダー予告.jpg
キカイダー、新旧ジロー.jpg
DSC04316.JPG



7月 カバー・スペシャル・ナイト

 王様猊下の呼びかけにより、カバー・バンドのスペシャルナイトが横浜FADで行われる。オジー・オズボーン、ジェフ・ベック、クリーム…さまざまな方が登場する中で、我々特別編成JSPが選んだのはホワイトスネイクである!もともとタッチーにコージー・パウエルを演ってもらおうと受託したライブなので、当初はレインボーの予定だったんだが…まー、俺はデビット・カヴァーデイル師匠がカバーできるんなら嬉しくてたまらないのだが(^_^)
 RENとAndoのツインギターはまさにダグ・アルドリッチとレブ・ビーチ。それに「スライド・イット・イン」時代よろしく、タッチーのコージー・ドラム・ソロが絡むという…さらに、CHDが初めてハード・ロックを弾くというおまけつき。普段オリジナル・バンドをやってる身としてはこういうの、たまにあるとすげえ楽しいよね(^_^)

DSC04640.JPG
DSC04877.JPGDSC04942.JPG



8月 「富津のいちばん熱い日」20周年!

 俺のライフワーク、ついに20年…感無量である。オープニングを買って出てくれたスラムローズの中盤から豪雨…1時間半の中断を余儀なくされるが、出演者・スタッフ総意の協力でHIRYUは時間通りに登場、大感謝である。いろんな名場面が続出したが、俺としてはトキタオオゾラのステージ登場と、亡き陽一郎氏の忘れ形見、佐藤カンタとハヤタと一緒に歌えたのが嬉しかったな。
 でも、そのあとのJSP解散がショックで、実は詳しいライブリポートと、東京打ち上げ(^_^;)をやってないんだ。思い残しがあるということで、逆に来年の21th?への布石としたいよね。

DSC_0557.JPG
DSC_0801.JPG
DSC_0628.JPG
DSC_0646.JPG
DSC_0680.JPG富津のいちばん熱い日2014ポスター_7-1.jpg


9月 JSPラストステージ、ワンマンライブ

というわけで、Jason’sGateは15年…JSPは3年半の歴史にピリオドを打ちました。

 resize0172.jpg
resize0144.jpg


10月 「また逢おうと竜馬は言った」そしてリアル・アオイホノオ

 基本的にオモテの仕事のことは書かないこのブログ、でもこれだけは。
 再び、演劇のプロデュースができる幸運に恵まれる。やれてあと三年後かなあ、と思っていたんで「銀河旋律」と並ぶ俺のフェイバリット原作を思い切ってかけてみた。ちょっと難しい芝居だったけど、教え子たちはほんと頑張ってくれました。なお、また書いちゃいましたこの芝居のテーマソング「たびだちのうた」は、現在“休業中の彼”がアレンジをかってでてくれ、近日レコーディング予定。こうやってちゃんと物事は廻って行くんだ。
 さて、文化祭の余韻が冷めやらぬうち、母校の大学に行く機会が。まさにリアル・アオイホノオ。あの頃ホンゴウくんやクボくんと駆け回った、そのままの想いが、現在の俺を文化祭に向かわせる原動力になっているんだ。


resize0519.jpg
resize0637.jpg
resize0622.jpgresize0949.jpg

法政12.JPG
法政7.JPG法政6.JPG


11月  大田区民フェスタ20周年、そして最強のお誕生会

 こう考えると2014年はほんとメモリアル・イヤーだよな。35年来の盟友・SHINとは今年ほんとに多くのステージを共にした。そして、55歳の誕生日当日に行われたメモリアル・ライブ。当日サムズバーわ文字通り埋め尽くしてくれたお客さま、そして記念ブックレットに寄稿してくれた、たくさんの人たち。俺の永遠のアイドル・大場久美子嬢から、尊敬する夜回り先生やエディ潘大先輩まで…ほんとうにありがとうございました<(_ _)>これからも精進します。

resize0744.jpg
resize0741.jpg
resize0774.jpg

resize1361.jpg
resize1450.jpg
resize1453.jpg
resize1427.jpg
resize1721.jpg
resize1717.jpg


12月  厳冬の野外ライブ、行田酉の市!

 再びAndoの招聘で170km!離れた埼玉・行田市は愛宕神社の酉の市へ。
 いや~寒いなんてもんじゃなかったが(^_^;)、盤石とはいかずともOKなステージングだったんじゃないかと思う。俺は知らない人たちの前で演るのが大好きだ。これこそロックンロールだって思うんだ(^_^)

resize2009.jpg
resize2025.jpg
resize2090.jpg
resize2106.jpg
resize2067.jpg

 今日はちょっと時間をとって、本格的に回顧してみた。振り返りは大切。さいごに、今年大好きな写真をひとつ。

resize0796.jpg

  駆け抜けた2014年。来年もよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

 


posted by ジェイソン國分 at 12:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

12/29 日吉Nap & 蒲田オッタンタ 歌い納め ライブリポート

 今年の歌い納め、しかも怒涛の二連荘!無事演ってまいりました〜ヘロヘロですが(^_^;)これは熱いうちにレポートをば。

 まずは日吉Nap。この静謐なハコの2014ラストに呼んでいただけるのは恐縮至極である。今夜のトリはなるT。そして俺はその前。つまりトリ前なんである。こいつはキメなきゃなー、なんて考えてたら、往きはおりからの結構豪雨。その雨見ながら運転してたら、なんかしっとりしたバラードやりたいな〜なんて考えて、Toru−Johnにメールしたところ、とある曲がイケるという話になる。それはイーグルスの「デスペラード」。

 公式サイトで発表されたのでここに書けるが、スケアクロウズからトシンとナオヤが脱退した。つまりスケアクロウズは二手に分かれてしまったわけだ。全く予想してなかったわけではないのだが…ここに至るまでの苦悩と混迷はまさに他人事でない。ともあれ、「富津」のトリ前を任せたほどのバンドが決めたこと。双方に幸多かれ、と思う。そう、バンドマンてのはほんとに困ったヤツらで、うまい立ち回りなんかできないんだな。愛すべき「ならず者」たちなんだ。俺は「デスペラード」を“第一期”スケアクロウズの終焉に捧げたいと思ったんだ。

 さて、Napは珍しく(なんつーと怒られるな)超満員。今回、Toru−Johnに最初から登場してもらって、バラードでじっくり攻めさせてもらった。Napは音のいい、静謐な空間だ。素の歌がまっすぐ届く。ちょっと二人のリハ不足(横浜でリハったのだが、デスペラードばっかり演ってた(^_^;))で、バタバタしてたのと、俺の実弟が甥っ子(最近ギターを始めた)連れて30年ぶり!に観に来てくれたりで柄にもなく緊張してたりして(^_^;)
 でも「ロックンロールが鳴りやまない・ピアノバージョンも披露できたし、「星」は納得いく出来だったと思う。「上手い!」なんて大向こうから掛け声かかると嬉しくなっちゃうよな。Napのマスターとお客さまに絶賛して貰い、嬉しかった(^_^)

resize2148.jpg
resize2173.jpg
resize2192.jpg
resize2248.jpg
resize2300.jpg

12/29 日吉Nap ジェイソン國分&Toru−John セットリスト

1.ワン・モア・チャンス

リクエストコーナー
吉幾三「酒よ」

2.凍った星から降りたいんだ
3.デスペラード(イーグルス)
4.星が降るまえに
5.ステファンの息子
6.ロックンロールが鳴りやまない
7.Brother&Friends

resize2272.jpg

さて、Nap全公演終了後、愛車シルビアくんで一路蒲田に。「オッタンタスペシャル」年忘れオールナイト公演である。オッタンタの一年を彩った、いろんな方が登場する…池タコバンドの登場は午前零時!
んでもこれまた超満員、立錐の余地なくオッタンタを埋め尽くした皆さんが笑顔笑顔で楽しんでいただいた。とくに今夜は「蒲田の居酒屋の女」が良かったと思う(^_^)

resize2339.jpg
resize2350.jpg
resize2345.jpg
resize2366.jpg
resize2379.jpg

12/29 蒲田オッタンタ 池タコスペシャルバンド セットリスト

1.池たこ飲んべ(ゲット・イット・オン)
2.蒲田の居酒屋の女(ホンキー・トンク・ウイメン)
3.お鍋の季節(スモーク・オン・ザ・ウォーター)
4.タコ飲み少年(20thセンチュリー・ボーイ)

resize2407.jpg

さあ、めでたく2014年のライブ・ツアー全42ステージを締めくくることができました。
一年間、観に来てくださったすべてのお客さまに感謝申し上げます<(_ _)>
来年も…  演るぜ!(^_^)
posted by ジェイソン國分 at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

感謝!! 〜ジェイソン國分、ライブ・ツアー2014

 2014年もあとわずか。恒例、今年のライブを回顧してみました(^_^)今年は少し落ち着いてライブを演ろう、なんて思ってたんで、少ないかなーなんて思ってたんだか、なんと全42本!(^_^;)
 いやー、有難いことです。以下、「富津」や「池タコライブ」のように別バンドで二回ステージに立ったときは「二回」とカウントしてますが、他のバンドにセッション参加(乱入?)したものはいれてません。「形態」の無印はジェイソン國分ソロです(^_^)

日時 場所      バンド形態 備考
1/3 アズハイム上大岡      ジェイソン國分歌謡ショー
1/4 渋谷エッグマン Jason’sGate
1/13 横浜FAD Jason’sGate
1/18 横浜野毛サムズバー HIRYU
2/9 四谷アウトブレイク HIRYU SLUMROSE15周年
3/15 自由が丘クラプトン
3/16 蒲田オッタンタ 池たこスーパーバンド 池たこライブ40
3/16 蒲田オッタンタ w/よっちゃんトリオ 池たこライブ40
3/21 横浜野毛サムズバー
4/13 埼玉・吉見運動公園 Jason’sGate 水仙菜の花祭り
5/17 西千葉ZX JSP
5/24 横浜野毛サムズバー HIRYU
6/8 蓮沼・旧協立電業社屋 東京・音楽の祭日
6/15 水道橋・尚美ミュージックカレッジ コモンズ TKKR
6/28 西千葉ZX JSP
6/30 横浜六ッ川ケアプラザ ジェイソン國分歌謡ショー
7/13 アズハイム上大岡      ジェイソン國分歌謡ショー
7/13 茅ヶ崎BotchyBotchy SHIN&JASON
7/25 横浜野毛サムズバー
7/27 横浜FAD 白蛇JSP カバースペシャル
8/15 日吉Nap w/Toru−John
8/23 富津公園野外大音楽堂 JSP      富津のいちばん熱い日
8/23 富津公園野外大音楽堂 HIRYU 富津のいちばん熱い日
8/29 池上POP GARDEN SHIN&JASON
9/13 君津・周南公民館グラウンド たびだちのむら・夏祭り
9/18 蒲田オッタンタ アコースティック解放Day
9/21 蒲田オッタンタ w/フレディ飯田      池たこライブ42
9/27 横浜野毛サムズバー JSP     JSPワンマン・ラストライブ
10/18 木更津MICK w/伊佐ヨシテツ 木更津MICK10周年
10/19 蓮沼プロムナード w/池たこワイハー
10/26 日吉Nap w/Toru−John
11/3 平和島・太陽のエリア 池たこスーパーバンド  大田区民フェスタ
11/16 横浜・別所ふれあい祭り w/野口容子
11/22 横浜野毛サムズバー HIRYU 大お誕生会
11/23 蒲田オッタンタ 池たこスーパーバンド 池たこライブ番外編
11/23 蒲田オッタンタ w/フレディ飯田 池たこライブ番外編
12/6 埼玉・行田愛宕神社周辺道路 HIRYU 行田酉の市
12/8 蒲田オッタンタ ジョン・レノン追悼の夜
12/21 蒲田オッタンタ 池たこスーパーバンド 池たこライブ43
12/21 蒲田オッタンタ w/フレディ飯田 池たこライブ43
12/29 日吉Nap w/Toru−John 日吉Nap歌い納め
12/29 蒲田オッタンタ 池たこスーパーバンド 年忘れオッタンタスペシャル

…さー、というわけで明日はいよいよ歌い納め。俺が出てる中で最も静謐なライブハウスである日吉Napと、気づいたら今年はけっこう出てた蒲田オッタンタの年忘れ二大企画にハシゴ参戦します(^_^)

年の瀬ですけど…お待ちしてますぜ(^_^)

DSC_0211_R.JPG

<ジェイソン國分 ウインターツアー2014⇒2015>

A12/29(月) 日吉Naphttp://www.hiyoshinap.com/
Nap2014歌い納め!   20:05登場決定! 40分ステージ!
ジェイソン國分&Toru−John

Bなんと一日2ライブ!
12/29(月)蒲田オッタンタhttp://studio80.org/
オッタンタスペシャル 池タコスーパーユニット 23:30登場!

C1/3(土)アズハイム上大岡
新年吉例! ジェイソン國分歌謡ショー!

D1/12(祝)相模女子大学音楽ホール
神奈川県高等学校軽音楽連盟主催「K−LIVE」 
ファースト・コモンズ再臨! …さらに小田原コモンズも!(ベース弾きます(^_^;))

E1/30(金)横浜野毛サムズバー http://www8.plala.or.jp/samsbar/
ジェイソン國分の魂が鳴りやまない夜
謎(!)の新ユニット「なるJ」「Jシン」登場!(^_^;)

F2/14(土)下北沢屋根裏http://shimoyane.com/
昼ライブ! HIRYU登場!
 
posted by ジェイソン國分 at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする