2018年07月16日

2018.7.1 横濱野毛サムズバー ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 後編

 ネットがしばらく繋がってませんで。一週間開きの後編です。

 ほんまもんの満員・ソールドアウトのサムズバー、シン・新生HIRYUの登場である。そろそろシンとか新生とか取ってもよいのではないか、との声を多数戴き、今まで旧メンバーへのリスペクトからこの呼称を使用していたけれど、新しいお客さまが多数席を埋め尽くしてくれた今回から取らせていただきます<(_ _)>

さあ、スタートだ。今回もタニムラ巨匠の写真を軸に、フォトアルバム風に。

resize16105.jpgresize16106.jpgresize16108.jpg

オープニングから、お客さんもメンバーも熱い熱い。というよりも、楽しんでいる(^_^)こちも楽しませて貰っている(^_^)

resize16112.jpgresize16113.jpgresize16114.jpgresize16117.jpgresize16121.jpg

というわけでおなじみウイアー(これも歌詞を「新生」させてるんだが、間違える(^_^;))に続いては、現在のHIRYUのテーマである「長き旅から」。

resize16118.jpgresize16125.jpgresize16127.jpgresize16136.jpgresize16120.jpg

今回、ボランティアの盟友「ふなさん」のお導きで(^_^;)新しいお客さまが来てくれた。出逢い、とはかくも大切なこと。というわけで、「アイスプラネット」から「麦酒を飲もうぜ!」へ。

resize16130.jpgresize16129.jpgresize16137.jpgresize16139.jpgresize16138.jpgresize16140.jpgresize16142.jpg

今回、HIRYUの旧曲と新曲とが、よいバランスで混じりあってきたように思う。というわけで、夏のツアーは今回の選曲を中心にお送りすることが決定。このメンバーで初めてお送りする近代文学シリーズ、「檸檬」から「祇園精舎」へ。この二つの曲、作成時期になんと20年以上の隔たりがあるんだけど、両方とも俺の作詞でヨシテツ作曲という王道路線なのだ。曲はいきもの、新しいグルーヴを持って生き返りもする。

resize16149.jpgresize16151.jpgresize16159.jpgresize16160.jpgresize16161.jpgresize16167.jpgresize16169.jpgresize16170.jpgresize16171.jpgresize16172.jpgresize16175.jpg

いよいよクライマックスへ。お客さまのヴォルテージを体が感じる(^_^)

resize16176.jpgresize16179.jpgresize16178.jpgresize16177.jpgresize16180.jpg

何回だって書くけど、お客さんとのグルーヴあってこそのライブなんだよね(^_^)

resize16183.jpgresize16188.jpgresize16184.jpgresize16193.jpgresize16198.jpg

さー、ホンモノのアンコールだ!

resize16199.jpgresize16200.jpgresize16208.jpgresize16221.jpgresize16232.jpg

サムズバーを埋め尽くしてくれた皆さま、ほんとうにありがとうございました。これでまた、ツラい現実を乗り越えて暫くやっていけそうです。

さあ、次はいよいよ「富津2018」だ!
あっ…その前に、ヨシテツ還暦前夜祭・ヨコハマFADhttp://www.fad-music.com/fad/があるぞ!乞うご期待!

resize16243.jpgresize16245.jpg

2018.7.1
横浜野毛サムズバー
ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜
第一部 HIRYU セットリスト

1.We Are Rock’n Roll Band
2.長き旅から
3.遥かなる想い
4.アイスプラネット
5.ビールを飲もうぜ
6.檸檬
7.祇園精舎
8.ロックンロールが鳴り止まない

アンコール
9.今夜はオールナイトで

resize16185.jpgresize16191.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.7.24(火)
横浜野毛サムズバー
マサ中山ヴォーカルセッションのゲスト

A2018.7.26(木)
横浜中華街・関帝廟通り公園

B2018.7.27(金)
横浜市中区新山下公園

緊急決定!
C2018.7.5(日)
自由が丘クラプトン
池タコスペシャルユニット&ソロ


D2018.8.18(土)
横浜F.A.D
http://www.fad-music.com/fad/
伊佐ヨシテツ、還暦のお誕生日、その前日ライブ!
HIRYU、王様と共演!

E2018.8.25(土)

「富津のいちばん熱い日 23」
千葉県富津市・富津海浜公園内 野外大音楽堂

参戦決定バンド&ユニット(参戦表明順)

HIRYU
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン
リアライズ
ファンキーオブスピリッツ
ジルナ・ノード
スケアクロウズ
新垣隼人&しのざきげん
ブルースフィルム金太郎
幽霊会社みちづれ
うどんフレンズ
國分亜沙妃&榎本響

そして…from 大田区民フェスタ、野外の王様、ニシケン率いるポップ・ロック・バンド「CROWL」参戦決定!!

全バンド&ユニット大決定!乞うご期待!

F2018.9.16(日)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

G2018.9.23(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

H2018.9.30(日)
横浜野毛サムズバー
ジェイソン國分の魂が鳴り止まない夜
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン登場決定!

resize16263.jpgresize16258.jpg







posted by ジェイソン國分 at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

2018.7.1 横濱野毛サムズバー ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 前編

 しばらく相棒じゃないけど中華屋さんネタとか本のネタとか書きたくなって書いてましたが…恒例横浜野毛サムスパー・ワンマン公演、二部構成、なんとなくスペシャルな夜になるのではないか、とこのようなサブタイトルを付けたんだけど…素晴らしい夜になりました!そう、なんと、サムズバー超満員、完全ソールドアウト!そして大多数が初めてのお客さま、というこの展開。サムズバーを埋め尽くしたお客さまに大感謝して、吉例タニムラ氏の素晴らしい写真が届いたので、胸を張ってライブリポートを書かせていただきます。

resize16284.jpgresize16282.jpg

 開演時間少し前にお客さまが満席になったので、前倒しでリクエストコーナーをば。最初のリクエストで初めてのお客さまからの要請は…西城秀樹!もちろん畏敬の念を込めてメドレーにして演らせていただきました。最近、氏の急逝から、「歌って」と言われることが多い。まことにありがたいことだ。俺の専用マイクスタンド、通称「守護神」は西城秀樹モデル!なんだ。氏の葬儀の柩の横にちゃんと白いスタンドは鎮座していた。
 しかし、このメドレーでは、「あの曲」をわざと抜いた。理由は…後述。

resize16288.jpg

サムズバーの最高の生ビールで乾杯したあと、さらに「世良公則」とか的を得た(^_^;)リクエストが、しかもすべて初めてのひとから飛ぶ。リクエストコーナーというのはお客さまとの「気持ちのキャッチボール」で成り立つもの。楽しみたい!というお客さまのキモチで良いものになるんだ。

 さーて、第一部、開演。早くも二度目のサムズバー登場となる、天才ジャズピアニスト、榎本ヒビキ!
まずはご挨拶代わりに上原ひろみの「HAZE」を弾きまくってもらう。

resize16290.jpgresize16294.jpg

 そして今回、俺がヒビキに「これを歌わせてくれ」と頼んだのは…前述西城秀樹氏のブルースカイブルー!
この曲、氏の大ヒットナンバー、というわけではない。でも、ほんとにいい曲なんだ。氏の出棺のおりにもこの曲が流れた。熱唱させてくれたヒビキに感謝(^_^)

resize16296.jpgresize16299.jpgresize16300.jpg

 二人で演る二曲目は「銀河旋律」。ヒビキが完全ジャズアレンジしてくれて、曲にあらたな生命が宿った気がする。ヒビキが俺の歌に呼応して楽しそうに鍵盤に向かっているさまは、こっちも嬉しくなるんだ。

resize16304.jpgresize16307.jpgresize16309.jpg

さあ、第一部二人目のゲストは…一年ぶりの登場です、國分亜沙妃!

resize16311.jpgresize16312.jpg

彼女の登場にご許可をいただいた、事務所の方々とご家族の方に感謝申し上げます<(_ _)>
榎本ヒビキと國分亜沙妃の共演は、単純に俺が見てみたかった。この二人同い年なんだよね。プロデューサー気質というヤツだ。まー、だったらプロデュースに専念して、歌わなければいい、とよく言われるが…そういうわけにはまいりません(~_~;)

というわけで、一年ぶりの「夢と魔法の王国」の歌をば。

resize16328.jpgresize16329.jpgresize16337.jpgresize16338.jpg

ほんでもって、あの大ヒットナンバーをば。いやあ、この衣装高かったんで、ちゃんと使って元をとらねば(爆)

resize16340.jpgresize16345.jpg

結論から言って、この二人の共演は大成功だった(^_^)ここでちゃんと断っておきたいのだが、単に若いから出してるわけでなくて、この二人はれっきとした「プロ」なんだよね。しかも俺よりミュージック・チャージが高い(大爆)だから、ちゃんとお金を払って観にきてくださっているお客さまに、「発表会」でない、ちゃんとしたエンターテイメントを提供できる。これはあとに出てくるHIRYUについても言えることで、ちゃんとお客さまに楽しんでいただきたいんだ。じゃないと、ライブじゃない。

resize16351.jpgresize16353.jpgresize16355.jpg

このバラも高い(爆)さて、というわけで、ラストは亜沙妃のソロで。お客さまも「國分早くどかねーかなー」と望んでいる(~_~;)
曲は…ホイットニー・ヒューストンの「Greatest Love Of All 」!凄え(>_<)


resize16360.jpgresize16361.jpgresize16362.jpgresize16092.jpgresize16093.jpg

この曲では、亜沙妃に「守護神」と俺のSHURE−SM58ワイヤレスを使って貰った。俺は、相当気に入ってるシンガーじゃないと、自分のマイクと守護神は渡さないのだよイオリくん(^_^)誇りに思ってくれ(^_^;)

お客さまの感動の溜息とともに、第一部終了。

後編、HIRYU編に続く。

resize16305.jpg

2018.7.1
横浜野毛サムズバー
ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜
第一部 セットリスト

ジェイソン國分

1.リクエストコーナー
西城秀樹「薔薇の鎖〜ヤングマン〜傷だらけのローラ〜情熱の嵐」
井上陽水「少年時代〜夢の中へ」
ザ・ビートルズ「Let It Be」
世良公則「宿無し〜あんたのバラード」



榎本ヒビキ

2.HAZE


榎本ヒビキ&ジェイソン國分

3.ブルースカイブルー
4.銀河旋律


國分亜沙妃&榎本ヒビキ&ジェイソン國分

5.A Whole New World [Aladdin]
6.美女と野獣〜Beauty and the beast


國分亜沙妃&榎本ヒビキ

7.Greatest Love Of All

resize16101.jpg


<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.8.18(土)
横浜F.A.D
http://www.fad-music.com/fad/
伊佐ヨシテツ、還暦のお誕生日、その前日ライブ!
HIRYU、王様と共演!

A2018.8.25(土)

「富津のいちばん熱い日 23」開催決定!
千葉県富津市・富津海浜公園内 野外大音楽堂

参戦決定バンド&ユニット(参戦表明順)

HIRYU
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン
リアライズ
ファンキーオブスピリッツ
ジルナ・ノード
スケアクロウズ
新垣隼人&しのざきげん
ブルースフィルム金太郎
幽霊会社みちづれ

そして…昨年登場拓大紅陵高校軽音楽部現役代表「うどんフレンズ」参戦決定!

さらに…國分亜沙妃&榎本ヒビキ、参戦決定!!

乞うご期待!

resize16248.jpg


posted by ジェイソン國分 at 02:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

気分はだぼだぼソース 〜がんばれ中華屋さん! U

 マックが夜ごはん、とか銘打っていろいろ始めたり、かの「山田うどん」が「山田うどん食堂」に変貌したりする(何なんでしょう(^_^;))今日この頃、だが俺はやっぱり中華屋さん、なのだ。

今日のアテはこれ↓

IMG_6956.jpg

まぐろぶつ、320えん。漬けではないのか、という色合いが見事だが(爆)でも、ちゃんとここのはホントに旨いのよ(^_^)

しかし、今日の「マスター半額爆発サービス」(ほんとにこう書いてある(^_^;))はコレ。

IMG_6957.jpg

「Wフライ(烏賊と鯵)」340えん!ここのアジフライもイカフライも、ちゃんと刺身で食えるヤツを揚げたてである。ウマいのである。そしてこれで千円いってないのだ。素晴らしい。

んで、今日のテーマ(主題)コレ↓

IMG_6958.jpg

「オリバーソース!(業務用)」(バリュー兄弟の「オタフクソース!」のメロディーで)

 オタフクでも、カゴメでもましてやブルドッグでもない、このソース、神戸の産である。そう、浪速のお好み焼きソースが元なのだ。バリュー兄弟のコメさんに恩を売るわけではないが(^_^;)、お好み焼きソースとしてはオタフクがいちばん旨いと思うし、家庭で使うんならブルドッグの中濃も好きである。しかし、こと、大衆食堂、中華食堂にはこのオリバーソースが絶品なのだ!!
 俺には「オリオンビール理論」というのがあり、大昔初めて沖縄行った時に吞んだオリオンの旨さが忘れられず、沖縄からハコ買いして、しかも二箱担いで(バカ)帰ってきたのだが、地元で吞むとそこまでウマくはないという((~_~;) ⇒書いてて飲みたくなった、ユモトよろしく(^_^;)

 つまり、すべての飲みもの食いものにはその気候風土にあった旨さがあり、それが最上である、というあたりめーといえばあたりめーの理論なのだが、このオリバーソースに関しては、定食屋の空気感というか、喧騒がぴったりくるのである。

 タイトルの「気分はだぼだぼソース」は、椎名誠氏の初期のエッセイ集のタイトルなんだが、氏の幼少時、ソースって家庭にはほとんど常備されておらず、肉屋にお使いに遣らされたときに、五円のコロッケ買ってそこでかけてもらえるソースに「おばちゃん、ソース、だぼだぼね!」と頼むという…これ以上に美味なものがあるだろうか、いやない!というまことにペーソス溢れる名文なのだが、このエッセイも絶版だそうだ。うーん。

 フライと言えば、相棒の地元で食わせて貰ったアジフライも絶品だったが、あそこはキャベツも旨いんだよなあ。今度、味平の大将に「キャベツ大盛り」お願いしてみよう。それでオリバーの中濃(フライはウスター)かけてバリバリ食えば…麦酒三本はいけるというものだ。


<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
http://www8.plala.or.jp/samsbar/
ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜

第一部ゲスト・天才ピアニスト、榎本ヒビキ!

そして…ミュージカル・スター、國分亜沙妃!

第二部、シン・新生HIRYU!

19:00開場・19:30開演!

あさひとヒビキ.jpg

A2018.8.18(土)
横浜F.A.D
http://www.fad-music.com/fad/
伊佐ヨシテツ、還暦のお誕生日、その当日ライブ!
HIRYU、王様と共演!

そして…

2018.8.25(土)

D「富津のいちばん熱い日 23」開催決定!
千葉県富津市・富津海浜公園内 野外大音楽堂

参戦決定バンド&ユニット(参戦表明順)

HIRYU
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン
リアライズ
ファンキーオブスピリッツ
ジルナ・ノード
スケアクロウズ
新垣隼人&しのざきげん
ブルースフィルム金太郎
幽霊会社みちづれ
 

IMG_6682.jpg
posted by ジェイソン國分 at 23:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする