2018年05月18日

花・太陽・雨 〜怪獣使いと少年

 ギタリスト・井上堯之さんが亡くなった。俺がほんのちょっとのメジャー時代に、奢らず高ぶらず、親身になって良くしてくれた先輩であった。合掌。

 UWFの発案で、この土曜日の成瀬クロップ・アコースティックフェスにおいて、UF&JがかのPIGの名曲「花・太陽・雨」を演ることになった。
この曲には忘れられないエピソードがあるんだ。(注・ここから記憶だけで語りたい。ネットで情報を摘まむのはプロレス者のやることではないからだ←前振り(^_^;))

 「帰ってきたウルトラマン」に、「11月の傑作群」とされる一連の作品がある。そのひとつ、「怪獣使いと少年」のストーリーはこうだ。
とある町に、宇宙人が化けているホームレスが育てている少年がいた。ふとしたことから、ホームレスが宇宙人であることがばれてしまう。ここで注目すべきは、その宇宙人は別に好戦的だったわけではない。ただ、身寄りのない少年を慈しんで育ててきただけなのだ。しかし、町の人々はそれを良しとしない。おそらく良質な庶民であろう人々は、宇宙人から少年を強引に引き剥がす。理由は「彼が宇宙人だから」ただそれだけだ。
 
 バットを持って集まった群衆は、宇宙人を殴打しながら叫ぶ。「おまえみたいな宇宙人はな、俺たち地球人とは違うんだよ!」「宇宙人なんか、悪いやつに決まってるんだ!」
 「やめて!やめて!おじさん(宇宙人)はいい人なんだ!」少年は叫ぶ。しかし、暴徒と化した群衆は薄笑いを浮かべながら宇宙人を殴り…虐殺してしまうのだ。結果として、実は「怪獣使い」であった宇宙人が、地球の平和のために封印していた怪獣ムルチが暴れだす…

 このようなストーリーだ。もうお分かりだろう。この、暴徒と化した住民の台詞の地球人を「日本人」に、そして宇宙人を…近隣の諸国の人たちに変えると…

 この、胸が悪くなるような差別を描いた作品を、俺は小学校高学年で観た。当時の特撮は、いろんなことを教えてくれたのだ。そして、この撲殺シーンでかかるBGMが、かの「花・太陽・雨」…ここで、UWFから待ったが入った。『「花・太陽・雨」は、「怪獣使いと少年」ではなく、「許されざるいのち」です』(^_^;)

 えーっ!…あ。そうだ。「許されざる命」だ。登場怪獣は、狂った科学者が作り上げた動物と植物のキメラであるレオゴンだ。この作品も「11月の傑作群」のひとつであり、この重厚長大なテーマは、「鋼の錬金術師」などに色濃く受け継がれている。

 でも、俺の中の「花・太陽・雨」のイメージは「怪獣使いと少年」なんだよなあ。この土曜日、「許されない」ことは何か、脳裏に浮かべながら歌おうと思っている。来てね(^_^;)



 …とかなんとか書いてたら、今日、西城秀樹さんが亡くなった。「ブルースカイブルー」「若き獅子たち」「薔薇の鎖」…少年の頃、影響されなかったといえば嘘になる。何と言っても、俺の「守護神」は、TAMAのオールアルミ・マイクスタンド、西城秀樹モデルのホワイト・ヴァージョンなのだ。いろんな方がお隠れになっていく。合掌。

ムルチA.jpgムルチ@.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

B2018.5.19(土)
成瀬クロップ 
クロップ・アコースティック・フェスティバル
UF&J 18:00登場!

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!18:30開演
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ
そして、ソウルキッチンには、ジャズプレイヤー、SAX佐々木リョウタ参戦!
さらにピアニスト・榎本ヒビキも参戦決定!

レオゴン.jpg


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!



 
posted by ジェイソン國分 at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

横須賀ヤンガー・ザン・イエスタデイ

横須賀。こう書くよりヨコスカ、とカタカナ表記が似合う街。この街にあるライブハウス「ヤンガーザンイエスタディ」は、たいへん出演てみたかった、俺にとってあこがれのハコだ。
 
 ここは元映画館。だから天井がたいへん高い。室内のライブで“守護神”を遠慮なく振りまわせるのは、この場所以外にはないと思った。もちろんそれだけではなく、このハコ独特の雰囲気がある。

 前述したように、横須賀は雰囲気のある街だ。この街の匂いが好きで、よくフレディと遠征して老舗居酒屋「銀次」で吞んでた。その、匂いを体現するライブハウスなのだ。
 初めて来たのは二年前、地元の誇るトリオバンド「ザイブス」を、酒井なるひろの劇的推奨で観にきたんだ。今回はその酒井なるひろの招きで、しかもかのザイブスとの対バンである。いやがうえにも盛り上がるしかないではないか。

resize15755.jpgresize15760.jpg

ステージはなるTの、彼らしいたいへん落ち着いたMCからスタートした。いきなり、何千回何万回歌っている「WeAreRock’nRollBand」を間違えて二番二回歌う(^_^;)いやー、緊張してんだなー、俺。

その辺は相棒も同じなようで、「いやー、燃料が廻ってねー」とかなんか言ってたが(^_^;)

とにもかくにも始まりました(^_^)

resize15763.jpgresize15769.jpgresize15774.jpgresize15759.jpgresize15770.jpg

今回、やまこ姐さんが入って二回目のライブのシン・新生HIRYU。入魂のバラード「アイスプラネット」も、新曲「祇園精舎」も、彼女の鍵盤ありき、の展開になっているのは嬉しいことである(^_^)
resize15786.jpgresize15790.jpg

アイブラ、の次は「ビールを飲もうぜ」だが、ここでなるTが運んでくれた“スポーツドリンク”を掲げて会場を練り歩くわけなんだが、これがねー、ジョッキが重くてねー(^_^;)

でも頑張る(爆)会場を練り歩くのだ(^_^)

resize15791.jpg

ザイブス人気でこの広い会場を埋め尽くしたお客さんと、文字通りカンパイしながら練り歩くわけだが、さすがヨコスカ、一見のお客さんでも満面の笑みで盛り上がってくれる。嬉しい限りである。

さあ、後半は「祇園精舎」から「ロックンロールが鳴り止まない」!

resize15793.jpgresize15782.jpgresize15794.jpg

今回、オープニングアクトであったが、謙遜抜きで、その責務は果たせたと思う。
というわけで、秋口に演ろうぜ、なるT(^_^;)

2018.5.4 横須賀ヤンガー・ザン・イエスタディ
HIRYU セットリスト
1.WeAreRock’nRollBand
2.長き旅から
3.アイスプラネット
4.ビールを飲もうぜ
5.祇園精舎
6.ロックンロールが鳴り止まない


resize15778.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.5.12(土)今日だよ(^_^;)
木更津MICK
ミックフォークジャンボリー
※たぶん22:30くらいに登場

A2018.5.13(日)明日だよ(^_^;)
蒲田オッタンタ
オッタンタ23周年記念ライブ
SHIN&ジェイソン國分、トリで登場!

B2018.5.19(土)
成瀬クロップ 
クロップ・アコースティック・フェスティバル
UF&J 登場!

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!
そして、ソウルキッチンには、ジャズプレイヤー、SAX佐々木リョウタ参戦!



D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

IMG_6815.jpg



 
posted by ジェイソン國分 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

ラプソディ 〜RCサクセションが流れてる

 やはり最近帰宅するとバクレツに眠くなってしまうので、なかなか平日にアップできない。寄る年波である(T_T)

 そんな中、最近また清志郎をよく聴く。たしか5/2がご命日だった気がする。というわけで、今から書くのは2010年11月のこの記事http://jasonk.seesaa.net/article/169404680.htmlとこの記事http://jasonk.seesaa.net/article/169867428.htmlの続きだったりする(^_^;)
 
 「新生」RCサクセションの実質的デビュー作「ラプソディ」。ラプソディとは「狂詩曲」で、「気分のままに自由に曲を演奏すること」だから、これほど当時のRCを表すのに絶妙なタイトルもないだろう。このアルバムはライブアルバム。清志郎は「ライヴの勢いをそのまま出した方がいい」と考え、さらにスタジオ録音で音をいじられることを嫌っていたため(次の「プリーズ」はまさにそうだった)今はなき久保講堂!でのライブが録音された。
 当時のRCは渋谷屋根裏四日連続で500人動員(当時の屋根裏を知っているとこれがいかに凄い数だかわかる)し、まさに破竹の勢いだ。

 俺がこのアルバムを聴いていて大好きだった、いや、今でも大好きなのは「よォーこそ」だ。要するにライブのオープニングで、メンバー紹介の曲なのだが、のちに出る本作の完全版ともいえるライヴ・アルバム『RHAPSODY NAKED』に完全収録された仲井戸“チャボ”麗市によるオープニングMC
「イエー!イエー!イエーって言ってりゃいいってもんじゃねえぞコノヤロー!」から始まる、まさに「日本のロックがここから始まるぜ」という、昂揚感溢れるスタートにふさわしい曲だ。

 ♪ラーメン食うしか〜いや違った(^_^;)「ギター弾くしか能のないヤツさ 古くからのオイラのダチさ」とか「気の合うヤツなんてそうざらにいるもんじゃないぜ だけどコイツならと オイラ目をつけた オイラと組まないか? ヘイ、ドラマー!」とか、バンドを始めた若者がもうワクワクするしかないような歌詞を清志郎が叩きだすさまは、年寄りになった今もココロ奮い立てられるものがあるんだ。

「バンドマン、歌ってよ」と歌う表題曲「ラプソディ」のように、ヒットした?「雨上がりの夜空に」以外にも、たくさんのぐっとくるナンバーが収められた最高のアルバムだ。まさに「魂は伝達可能@ボーダー」なんだ。

たくさんのバンドマンや、そしてバンドマンじゃない人たちに、魂が伝達できたらいいな、と思っている(^_^)

RC壱.jpg


<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!



C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!
posted by ジェイソン國分 at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする