2018年04月15日

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 後編

 さて、シン・新生HIRYUが登場する後編である。
 
 何回新生するんだ、という声があちこちから聞こえてきそうであるが(^_^;)バンドは生きものである。そして、今回は…非常に手ごたえを感じている。

 今回新加入の鍵盤奏者・やまこ姐さんは、ベーシストUWFの旧知の人物で、「ロックな鍵盤」として名高いプレイヤーである。前任のトモエがまさしく「ギリギリまで頑張って」埋めてくれていた穴を、一気に形作ってくれた。それは、このメンバーで作った新曲「祇園精舎」(!)に、色濃く表れている。今回のステージを観たあるお客さんが「これこそHIRYUのサウンドである!」という意見をくれた。俺は、これこれがHIRYUのサウンドである、という明確なビジョンを、実は持っているわけではない。そうなると、それは、俺のキャパシティだけで終わってしまうからだ。

 繰り返すが、バンドは生きものだ。メンバーひとり替わっただけで、全然違うサウンドになる。そこには、ある種の化学反応と、マジックが存在する。それは、俺のキャパシティどころか、いろんな制約を遥かに凌駕する。だから面白いのだ。
 リハーサルの雰囲気もずいぶん変わった気がする。俺のひとつの理想形?は、「三人の職人と二人のキ○ガイ」なんだけど(^_^;)ちょっとその辺が実現できそうだよ(^_^)

 今回、いつものリポート形式でなく、こんな感じで綴りたくなった。まー、ライブからだいぶん時がたっちゃった、ってのも、あるんだけど(^_^;)、何というか「バンドで歌いたい原点」に久々に立っているキモチなんだよね。

 さて、シン・新生HIRYUの次回ステージは、ずっと立ってみたかった、横須賀の老舗ライブハウス、元は映画館の「ヤンガー・ザン・イエスタディ」である。盟友・酒井なるひろの新バンドと、あの「ザイブス」との初共演にもなる。ある意味、アウェイ感は満載なんだが(^_^;)、そのアウェイ感がたまんないんだよね。是非ともお客さんに総立ちになっていただくべく、今からワクワクしているんだ(^_^)

resize15383.jpgresize15386.jpgresize15390.jpgresize15401.jpgresize15405.jpgresize15419.jpg

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 セットリスト

ジェイソン國分

1.リクエストコーナー
(佐野元春「アンジェリーナ」「サムディ」スピッツ「空も飛べるはず」ブルーハーツ「リンダリンダ」他)

UF&J

2.万物流転(頭脳警察)

YF&J(笑)

3.羅生門

榎本ヒビキ

4.HAZE

榎本ヒビキ&ジェイソン國分

5.デスペラード(イーグルス)
6.人間の証明のテーマ(ジョー山中)
7.銀河旋律

榎本ヒビキ

8.Piace To Be

HIRYU

9.We Are Rock’nRoll Band
10.アイスプラネット
11.祇園精舎(新曲=W/ジェイソン國分、M/伊佐ヨシテツ)
12.ビールを飲もうぜ
13.ロックンロールが鳴り止まない

アンコール
14.今夜はオールナイトで

resize15430.jpgresize15441.jpgresize15435.jpgresize15457.jpgresize15467.jpgresize15487.jpgresize15494.jpgresize15493.jpgresize15500.jpgresize15512.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!

IMG_6567.JPG

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

resize15359.jpgresize15300.jpgresize15521.jpgresize15524.jpgresize15526.jpgresize15533.jpg


resize15558.jpgresize15562.jpgresize15295.jpg


resize15621.jpgresize15625.jpgresize15628.jpg
posted by ジェイソン國分 at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

3/25 横濱野毛サムズバー 魂が鳴り止まないスペシャルな夜 ライブリポート 前編

 すっかりご無沙汰してしまいました。三月〜四月は、どの仕事もそうだと思うんだけど、かきいれどきでね(^_^;)さらに宴席が連続して…(爆)

 さて、タニムラ氏がせっかく写真を送ってきてくれたのに、まずはこのリポートを書かねば申し訳ない。

 三月のサムズバー、毎年、何かスペシャルなことが起こるのだが…この日は感慨深いものがあった。

 まずはリクエストコーナーから。

resize15282.jpg

この日はお客さまのご協力(これが大切(^_^;))もあり、佐野元春、ゴダイゴ、などまことにイイ感じで。んで、せっかくフレディ飯田が叩いてくれているので、ここはUWFを呼び込んで突如UF&Jで「万物流転」を(^_^)

resize15290.jpg

この日は「恩師」がご来場されていた。これは、「近代文学シリーズ」をやらねば申し訳ない。そこでヨシテツを呼び込んで久しぶりの「羅生門」を。YF&Jである(爆)

resize15693.jpgresize15724.jpg

さて、大スペシャルな第二部。15歳の「天才」ピアニスト、榎本ヒビキ登場である!!

resize15321.jpg

 せっかくのゲスト出演なので、まずは上原ひろみの「HAZE」から。上原ひろみを弾きこなす、ってことだけでお分かりになる方はお分かりになると思うが(^_^)この若干15歳のジャズピアニスト、何が凄いって、「ピアノ習ったことない」のである!!!一之瀬カイである。ピアノの森である(^_^)

resize15324.jpg
 
いや、ほんと、出会いってのは奇跡だよね(@鹿児島のクボくん)。

そこで、ピアニストとやるときの俺の定番、イーグルスの「デスペラード」から。

resize15334.jpg

 そして、ジャズピアニストとやれる日が来たら、この曲を演りたかった!なんでだ、という声が聞こえてきそうだが…ジョー山中の「人間の証明のテーマ」(^_^)

 この曲、俺が15歳の時だったと思う。西条八十の「帽子」を角川春樹氏が「直訳した」歌詞。15歳のヒビキと演るにはうってつけ。そして彼は西条八十を知っているだけでなく、この小説の舞台になった「キリズミ」にも行ったことがあるのだという。そんな話をしながら、ヒビキくんのお父上がこの曲を絶賛してくれたのがホント嬉しかった!(^_^)

resize15327.jpg

 さあ、ヒビキと演る最後の曲は…「銀河旋律」!この演劇の原作者の方に曲を書いて歌う許可を再度戴いたのだが…なんと、ここで嬉しいニュースがある。これはまた、決定したらお知らせしたい。

 さて、この曲、昔のバージョンとも、ザ・ソウルキッチンバージョンとも違う、ジャージーなアレンジをヒビキが施してくれ、後半の32小節に渡るソロプレイは素晴らしかった!

resize15355.jpgresize15360.jpg

そしてヒビキのラストは、やはり上原ひろみの「Place to be」。観客からため息が出る。もー國分要らないんじゃないかという意見が出る(爆)

そりゃそーだよなー。
ヒビキの登場にご理解とご協力を頂いた、カトウ先生と、そして何より保護者の方に深い感謝の意を表します。ありがとうございました<(_ _)>

さて。ご両親も喜んで頂いたので、HIBIKIとの再演は叶いそうである(^_^)。
せっかくなので(^_^;)、15歳と言えば、今日シモキタまで出向いて公演を表敬訪問してきた「あの彼女」(今日の記事のどっかにヒント)にご登場願って、「夢の共演」を果たさせたいなあ。あ、勿論、俺も歌うかんね(^_^;)
なに?要らない?(爆)


やはり長くなってしまったので、後編「シン・新生HIRYU編」に続く(^_^)

resize15409.jpgresize15433.jpgresize15462.jpgresize15466.jpgresize15431.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

A2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

B2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、そして噂のザイブスとのスリーマン!

シン・新生HIRYU大登場!

IMG_6567.JPG

C2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!


D2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

E2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

F2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!

IMG_6603.jpg

posted by ジェイソン國分 at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

さよならユモトくんとインコじいさんの夜

 いつも横浜のライブに於いて俺のドライバーを務めてくれるユモトくんが、このたび南の島に永住することになった。

 昔の仲間が集まって、送別会が企画された。彼のキャラクターと心情を鑑み、幹事一同トップシークレットで、サプライズ連続の会となった。
 会そのものの温かさは至上空前のもので、それはそのままユモトくんの心根を表すものだった。そのへんは写真から察して欲しい。

 会場は「木更津焼きそば」。ここで送別会とともにライブも演るのだ。「木更津焼きそば」のマスター、オグラさんは俺の木更津時代の旧友で、ちょうど俺がオモテの仕事の場を横浜に移した年に、彼は今までの仕事を辞めて、焼きそばの屋台を引きはじめた。つまり人生の転機が一緒なんだよね。横浜からのバスを降りたらいきなり目の前に見知らぬ屋台があって、オグラさんが鉄板に向かいながら、「あれ?ジェイソンさん、どこ行ってきたの?」と笑顔で言われたのを、今でも覚えている。

 木更津焼きそばは、その昔木更津にあった、おばーちゃんがやっていた焼きそば屋さんの味を再現したもので、その味の評価は高く、テレビ東京の旅番組等でたびたび取り上げられるほどで、この10年ですっかり木更津の顔のひとつになったが、俺が凄いと思っているのは、オグラさんのこの言葉だった。

「木更津に、誰もが集えるような、いわゆる居場所を作りたいんだ」

 屋台の場所は二度変わり、今は駅前をちょっと曲がったところにある、もう営業していない写真屋さんの中に屋台を引き込んで、営業している。
 オグラさんの言葉通り、午前中から営業している店の一階には、大人が、それも、誤解を恐れずに言えば「ちょっと生きにくそうな」人たちが朝から集って、缶ビールや缶チューハイを空けている。俺はこういう人たちが大好きなんだ。
 そして、二階には、漫画がたくさん置いてあって、学校が苦手そうな子たちが集っている。

 これは、素晴らしいことだ。ひとには、居場所が必要なんだ。長らく、こういう場所は木更津にはなかった。オグラさんが作り上げた最大の功績だと感じている。

 だから俺は、土曜日の夜という、常連さんが集まる黄金の時間に、送別会で5時間あまりに渡って店を貸し切ってしまう許可を、オグラマスターは笑顔で了解してくれたものの、常連さんたちが了承してくれなければダメだと思い、足しげく店に通った。
 そして、ぜーんぜん焼きそば食わずに、延々吞んでる(^_^;)シュウさんや、“渚のハイカラ人魚”マイコさんたちから、「ジェイソンさんなら、しょうがねえや!」という言葉が引き出せて、ほんとにホッとしたんだ。

 送別会直前、こんなことがあった。

 送別会翌日に蒲田でライブもあり、さらに送別会では特別なナンバーを演奏するために午後からスタジオに入ってたソウルキッチンのメンバーとともに、準備のために店に向かった。
 案の定(^_^;)昼下がりの店にはまだ常連さんが居り、がっつんがっつん飲んでるわけで(^_^)その中の一人が、これまたなんというか、普段何して暮らしてるんですかみたいな方で(^_^;)どっかで買ってきたサバの切り身!を「俺の晩飯〜♪」とか言ってオグラさんに焼いて貰っている(^_^;)彼が羽織っているジャンパー?はくすんだ、昔のアイドルグループの富津出身者(ほら、M娘のYKさんですよ)の名前がかろうじて読めるくらいにかすれており、あきらかにどっかの集積所から拾ってきたんじゃないかという…(~_~;)

 彼は「じゃあ〜♪」とか言いながらなかなか帰らない。まーこういう方はだいたいこうなんだが(^_^;)
そして、なんと彼はヨレヨレのTシャツのお腹から、セキセイインコ!を取り出して、「インコなんだあ〜」(見りゃわかるよ(^_^;))
と、灼熱の鉄板がある焼きそば屋にセキセイインコを解き放つ。あわてる我々に「羽切ってあるから大丈夫なんだあ〜」みると、たしかに羽根は切ってあるにはあるけど、ペットショップがやるようなきちんとした切り方でなく、何というか、100均のはさみで切ったような、ザンギリな切り方で…(>_<)

 かのセキセイインコは、優しさで手を出したヒデキロボの手に思いっきりでかい糞をして、帰って行った。
ゴウ・ロージー・松木はひとこと、「先生、木更津はディープですねえ〜」
 まさに。

 この話には後日談がある。月曜、送別会のお礼を言いに行った俺にオグラマスターが放った衝撃の一言。
「あいつ(インコじいさんのこと)金盗むんだよねえ」

ええっ!?
「いや、金があるときはみんなに奢っちゃうんだけどさ。ないと、ひとのカバンに平気で手を入れたりするんだ。万引きも常習で、もちろん捕まるんで、こないだ六か月ばかり『入ってて』出てきたばかり」

 こういう方(^_^;)にも居場所を提供するオグラさんの包容力、胆力、そして愛情には、敬服するばかりだ。

  

 ユモトくんの送別会は「愛」があふれた素晴らしいものだった。テペペの買ってきた「上等な」ウイスキーを一本丸々空け、さらに泡盛飲みながら号泣するユモト。俺は彼がこんなに酔っぱらってるのを始めてみた。あ。いつも俺の運転手やってるからか(大爆)

 ユモトくんが行く南の島に、彼だけの「居場所」がきっとあることを、信じてやまない。

IMG_6531.jpgIMG_6511.jpgIMG_6522.jpgIMG_6541.jpg

<ジェイソン國分 今後のライブ>

@2018.3.25(日)
横濱野毛サムズバー
ジェイソン國分の魂が鳴り止まないスペシャルな夜
・第一部 15歳!の「天才」ピアニスト、HIBIKI登場!いろんな曲弾いて貰って歌います!
・第二部 新・新生HIRYUいよいよ登場!スーパー・キーボード・プレイヤーYAMAKO、正式参戦!

・事情により告知が遅れましたことをお詫び申し上げます。でも、内容は濃いです(^_^;)フレディ飯田もでます。お待ちしております。

A2018.4.2(月)
横浜・あいの木きょうしん
ジェイソン國分スペシャル歌謡ショウ!

B2018.4.21(土)
蒲田オッタンタ
「歌う弁護士」ユウゴ氏ワンマンライブのゲスト
UF&J、登場!

C2018.4.29(土)
アズハイム上大岡
ジェイソン國分歌謡ショウ!

D2018.5.4(祝)
横須賀・ヤンガー・ザン・イエスタデイ
酒井なるひろ&YSS、レコ発ライブのゲスト!
登場形態未定

E2018.5.20(日)
蒲田オッタンタ
ジェイソン國分&ザ・ソウルキッチン ワンマンライブ!
スペシャルゲスト・幽霊会社みちづれ、決定!

F2018.5.27(日)
アズハイムいづみ中央
ジェイソン國分歌謡ショウ!

G2018.6.3(日)⇒日程が変わりました
新橋・落陽
西宮氏ご命日追悼ライブ
池タコスペシャルユニット

H2018.7.1(日)
横濱野毛サムズバー
新・新生HIRYUワンマン!
IMG_6535.jpg


posted by ジェイソン國分 at 11:37| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする